バイオマス燃料 セミナー構造 セミナー 技術情報セミナー 地球温暖化対策としてバイオマス用いた燃料や化学品の製造プロセス,開発,変換,触媒,動向,合成、環境セミナー  
メガセミナー・サービス 技術・研究・設計・開発・メンテナンス・企画・調査等の担当者|市場動向・技術動向とビジネスチャンス
HOME よくある質問 受付ダイヤル:06-6363-3359
 
環境・新エネルギー セミナーバイオマス燃料セミナー2009年5月>バイオマス燃料・化学品の合成と触媒の技術動向
東京メガセミナー・資料・テキスト請求のお問い合わせ 東京メガセミナー・資料・テキスト請求のお問い合わせ
東京メガセミナー・過去セミナーの資料、テキストをお探しの方へ
関連セミナーにおける
市場・技術の詳細資料、他
東京メガセミナー・資料・テキスト請求のお問い合わせ
 
バイオマス燃料・化学品の合成と触媒の技術動向
 
バイオマス燃料・化学品の合成と触媒の技術動向
非食料 バイオマスからの燃料・化学品への触媒変換
利点は?課題は?ブレークスルーのポイントは?バイオマスを用いた触媒プロセスの動向
■講演会の概要
講師: アイシーラボ(工業触媒コンサルタント) 代表 室井 熄驕@氏

【専門】
 触媒化学
【紹介】
 BASFジャパン(株)顧問
 早稲田大学客員研究員、神奈川大学非常勤講師
 元エヌ・イーケムキャット(株)執行役員
 元触媒学会副会長
 約40年間触媒の開発に従事、多くの工業化触媒を開発

日時: 2009年5月11日(月) 10:30〜16:30

会場: 東京・品川区大井町 きゅりあん 5F 第3講習室
≪会場地図はこちら≫
※急ぎのご連絡は(株)メガセミナー・サービス(TEL06-6363-3359)まで!!
受講料:
(税込)
47,250円
 ⇒E-mail案内登録会員 44,800円
  ※資料・昼食付
上記価格より:<2名で参加の場合1名につき7,350円割引><3名で参加の場合1名につき10,500円割引>(同一法人に限ります)
主催: サイエンス&テクノロジー株式会社
■講演会のプログラム内容

講演内容: <趣旨>
地球温暖化対策としてバイオマスを用いた燃料や化学品の製造プロセスが開発されつつある。発酵法なども研究されているが、触媒を用いた合成はシンプルで反応時間も極めて短い。工業触媒という観点からバイオマスを用いた合成反応の開発動向を解説する。

1.バイオマスの生産可能量

2.バイオマスの触媒による分解
 2.1 木質、草本の分解
 2.2 糖の分解
 2.3 セルロースの分解
 2.4 リグニンの分離

3. 触媒を用いたバイオ燃料製造
 3.1 バイオエタノール
 3.2 バイオディーゼル
 3.3 水素

4. 触媒を用いた化学品の合成
 4.1 エタノール ケミストリー
 4.2 バイオマス エチレン
 4.3 バイオマス プロピレン
 4.4 糖のケミストリー
 4.5 グリセリンケミストリー
 4.6 エピクロルヒドリン
 4.7 プロピレングリコール
 4.8 1,3-プロパンジオール
 4.9 アクリル酸
 4.10 コハク酸
 4.11 イソソルビド
 4.12 乳酸
 4.13 その他

5. バイオマスプラスチック
 5.1 ポリ乳酸
 5.2 ポリエステル
 5.3 ナイロン
 5.4 ポリアセタール

6. バイオマスの課題
 6.1 供給
 6.2 プロセス開発

7.バイオマス利用化学品製造ビジネスを成功させるには

  □質疑応答・名刺交換□
 
 
 
“水処理技術者”声の報告会
世界人口爆発による食糧増産、或いは途上国の急速な都市化により、水資源が不足、世界の水ビジネス市場が急拡大している!!
私たちの報告会では、欧州水メジャーの動向をはじめ、淡水化技術、排水の再利用技術から市場参入に繋がるビジネスチャンスをテーマに、第一線でご活躍の講師陣や先端技術者の意見、アンケートを通して、セミナーでも聞けなかった生の声情報を期間限定にてお届けします。
ご案内の請求・停止
ご案内の請求
送付停止
送付先所在地変更
ご案内の請求
送信停止
送信先アドレス変更
個人情報保護方針について お問い合わせ メガセミナー社について