水素社会|実現性における、水素インフラ,再生エネルギー,製造,貯蔵,輸送などの事例,課題,問題,市場,動向など、セミナーでお届け致します。

メガセミナー・サービス 技術・研究・設計・開発・メンテナンス・企画・調査等の担当者|市場動向・技術動向とビジネスチャンス
HOME よくある質問 受付ダイヤル:06-6363-3359
 
環境・新エネルギー セミナー水素社会 セミナー2013年11月 > 水素社会実現の道筋とビジネスチャンス
東京メガセミナー・資料請求センター
ウェブサイトによる お問い合わせ・資料請求は、技術テーマ別 オンラインお問い合わせをご利用ください。
技術テーマ別 オンラインお問い合わせ

※新規参入における企画・事業計画を担当されている方向けの情報を提供しております。実際に、新しい技術分野に参入する場合、市場動向や市場規模の数値データ、或いは、先行する企業の事例や課題(=技術の壁)、海外の成功例、失敗例があれば対応策を発見しやすくなります。事前に全体像を把握し、どこに課題があるのか推察できたなら、その部分にリソースを集中する事ができます。しかし現実には、実証実験を通した使える詳細なデータや図表などは、新しい技術分野ゆえに、見当たらないのが現実です。
そこで東京メガセミナー事務局では、新規参入に必要な情報として大型講演会を開催、技術課題を可能な限り網羅し、副資料(図表/データ/具体的な事例)の提供を開始致しました。海外進出をご担当のマーケティング担当者、海外コンサルティングファームでご活躍の方から、研究所・研究機関の技術者・研究者の方まで、高い評価を頂いております。講演会参加をご検討中の方、或いは海外にて出席できない方、資料不足でお悩みの方はぜひ、こちらから詳細資料(無料)をお申し込みください。

 
【特別セミナー】
講演会タイトル
水素社会実現の道筋とビジネスチャンス
日本全国での実現性を探る!
 【11月13日(水)】
   水素社会実現に向けた国内外の取り組みとビジネスチャンス
 【11月14日(木)】
   日本全国(大都市圏以外)での水素化社会実現の道筋とビジネスチャンス
 
水素社会実現の道筋とビジネスチャンス
2015年の燃料電池車投入に合わせた水素インフラの整備
再生エネルギーからの水素製造・貯蔵の日本・世界の研究・実証
水素遠距離輸送の応用研究
 本セミナーでは、水素利用、製造、貯蔵、輸送について最先端の研究・プロジェクトに関わっている方々の生の声に加え、投資的な視点から、4大都市圏と地方での水素社会実現性について講演いただきます。大市場「水素社会」における事業機会、製品開発のヒントをお持ち帰りいただければ幸いです。
■講演会の概要
日時: 【1日目】 2013年11月13日(水) 10:30〜16:20
【2日目】 2013年11月14日(木) 10:30〜16:20
会場: 東京・千代田区 連合会館 2階 201
≪会場地図はこちら≫
※急ぎのご連絡は東京メガセミナー(株)(TEL06-6363-3372)まで!!
受講料:
(税込)
52,500円(税込)
 ⇒E-mail案内登録会員 49,800円(ネットからお申し込みの方、全員)
※資料付

1日目または2日目だけの受講も可能です。
1日の受講料 31,500円(税込)  
⇒E-mail案内登録会員 29,900円(ネットからお申し込みの方、全員)
上記価格より:
<2名で参加の場合1名につき7,350円割引
<3名で参加の場合1名につき10,500円割引>(同一法人に限ります)
講師: 【11月13日(水)】
第1部 金田 武司 氏 / (株)ユニバーサルエネルギー研究所 代表取締役

第2部 大仲 英巳 氏 / 技術研究組合 FC-Cubic 副研究所長

第3部 宮崎 淳 氏 / 岩谷産業(株) 常務執行役員 水素エネルギー部長

第4部 講師調整中 / 東邦ガス(株)

第5部 谷口 浩之 氏 / 三菱化工機(株) プロセス開発グループ 部長代理


【11月14日(木)】
第1部 西村 眞 氏 / 名古屋大学 大学院 国際開発研究科 特任教授

第2部 庄司 真史 氏 / エンライト・キャピタル合同会社 
    最高経営責任者 国際公認投資アナリスト

第3部 亀田 常治 氏 / (株)東芝 電力システム社 
    電力・社会システム技術開発センター 高機能・絶縁材料開発部 主幹

第4部 三宅 明子 氏 / (株)神鋼環境ソリューション 技術開発センター 
    プロセス技術開発部 新規プロセス室 次長

第5部 岡田 佳巳 氏 / 千代田化工建設(株) 技術開発ユニット 技師長 
    水素貯蔵輸送タスクグループ・リーダー

主催: S&T出版株式会社
■講演会のプログラム内容

【11月13日(水)】
水素社会実現に向けた国内外の取り組みとビジネスチャンス

第1部 国内外の水素社会実現シナリオと動向  
金田 武司 氏(10:30〜11:25)

 我が国は、エネルギー自給率が極めて低く、諸外国とエネルギー的にインフラが繋がってないなど特殊な環境にある。このため、3.11以降環境改善と共にエネルギーセキュリティーの重要性が特に指摘され、多様なエネルギー源から生産できる水素の特性が注目されている。新たなエネルギー源としての水素の利活用は国毎にその考え方は大きく異なる事から水素社会へのシナリオも異なったものとなっている。本講演では、我が国と諸外国の水素社会実現に向けたシナリオ、技術開発・事業化の方向性についてその違いを元に解説する。


第2部 燃料電池自動車市販化に向けたFCV技術開発と水素インフラ整備の動向
大仲 英巳 氏(11:30〜12:25)

 燃料電池自動車(FCV)の研究開発は近年著しく進化し、2015年から一般のお客様への販売が開始されようとしている。ここでは、水素、燃料電池開発の意義とFCV市販化に向けた課題とその解決への技術の進捗状況や、インフラ整備を含めた動向について解説する。

 1. 水素、燃料電池とは
 2. 燃料電池自動車(FCV)開発の意義
 3. FCVの技術開発状況
 4. 市販化に向けたFCV、水素インフラ整備の動向


第3部 2015年の燃料電池車(FCV)発売に向けた
    水素インフラ整備に向けて−岩谷産業の取り組み−

宮崎 淳 氏(13:25〜14:20)

 本年より、経済産業省の「燃料電池自動車用水素燃料供給設備設置補助事業」が開始され、いよいよ商用水素ステーションの先行整備に着手されようとしている。
 これまでの実証プロジェクトの推進により多くの課題を解決し、商用水素ステーションとしての基礎は固まりつつある。
 岩谷産業はドイツLINDE社のイオニックコンプレッサーの技術導入をベースにして、液化水素による水素貯蔵方式を標準とした水素ステーションの整備を目指している。その技術的な優位性と水素ステーションの整備に向けた取組み及びその課題についてご報告する。


第4部 都市ガス事業者における水素インフラ構築に向けた取り組みと展望
    −東邦ガスの取組み事例について−

岡田 耕治 氏(14:25〜15:20)

 東邦ガス(株)は、2002年に自社研究所内に中部地区初の水素ステーションを建設して以来、これまで5件の水素ステーションの建設・運用を通じて、水素ステーションの実用化に取り組んできた。
 今回、当社における技術開発と実証における取組み状況や、昨年度完成した最新の70MPa水素ステーションの事例を含めた水素インフラ構築に向けた課題と対応等について、ご紹介する。


第5部 水素ステーションにおける水素製造技術と全国展開の展望
谷口 浩之 氏(15:25〜16:20)

 三菱化工機の水素製造装置は、都市ガスやLPGなどを原料に水蒸気改質で水素を発生させ、PSAで高純度水素を精製する。1964年に大型の水素製造装置を建設して以来、国内外に多数の実績を有し、最近では小型で高効率な水素製造装置「HyGeia(ハイジェイア)」を、オンサイト水素ステーションに納入するケースが増えている。
 水素ステーションの運用形態上、水素製造装置に要求される装置仕様は従来の工業用途と異なる。そのため新たに水素ステーション用水素製造装置「HyGeia-A」を開発したので紹介する。さらにオンサイト水素ステーションの特徴と、普及の可能性を述べる。



【11月14日(木)】
日本全国(大都市圏以外)での水素化社会実現の道筋とビジネスチャンス

第1部 日本のエネルギー戦略、成長戦略としての水素・燃料電池
    −宮古市ブルーチャレンジプロジェクトを例に−  
西村 眞 氏(10:30〜11:25)

 原発事故後の日本のエネルギー・セキュリティーを如何に再構築するかが焦眉の急である。
 シェールガス革命で小康を得ている間に、エネルギー自給率が4%しかない日本は、地域におけるエネルギーの地産地消を基盤に自給率を上げていく一方、水素社会実現に向けた活動を行うことがセキュリティー構築に繋がる筋道を解説する。

 1. 序論 子孫に美田を残してきた国
 2. 日本のエネルギー・セキュリティー
 3. 原子力エネルギーの位置づけ
 4. 地域のエネルギー自給率
 5. Self Support運動 −B級エネルギー大会
 6. エネルギー・マイレージ
 7. 地消地産+水素
 8. マクロ経済的な意味
 9. Self Support運動の外交的意味
 10. まとめ


第2部 分散型水素インフラの狙い
庄司 真史 氏(11:30〜12:25)

 燃料電池自動車(FCV)は、燃料電池を動力源とし水のみを排出する、究極のエコカーと呼ばれています。トヨタ、ホンダ等日本の大手自動車会社各社は2015年のFCV市場投入を目指しており、同時に4大都市圏を中心に、水素ステーションも整備予定です。一方、現在、水素は、主に臨海工業地帯での石油精製や製鉄等の工場からの副産物として生成されており、今後燃料電池車の普及が全国に広がれば、臨海部からの輸送コストをボトルネックとしない「地産池消水素」の生成が必須となります。
 まず、エネルギー分類の中での、水素の位置付けを確認します。一般的に「水素=クリーンエネルギー=再生可能エネルギー」のような誤った理解が浸透しているように見受けられますが、ここでは水素はエネルギー通貨なので、1次エネルギーではありません。2次エネルギー、つまり、エネルギーの媒体であり、水素と電力の相互変換が可能であることを確認します。その上で、水素が次世代エネルギー通貨の本命になり得る理由を考察します。
 水素が次世代の2次エネルギーの本命になる可能性がある一方、別の大規模化学反応の副産物とはいえ、水素を化石燃料から生成している限り、LCAベースで見た際には、真のクリーン・エネルギーとは呼べません。従って、今後「クリーン水素」への需要が高まっていきますが、エネルギー変換・貯蔵効率を考えると、太陽光や風力等、どのような原料から水素を生成するのが効率的かを考える必要があります。一つの提案として、日本で増加し続けている、未利用木材を活用した、熱分解からの水蒸気改質反応による「バイオマス水素」生成を例に挙げ、経済合理性を有する事業として成立するものとして説明します。
 登壇者は水素生成技術のプロでも燃料電池車技術のプロでもありません。しかし、米系大手投資銀行出身者として深いファイナンス経験を持ち、また、技術投資分野で、多くの技術ベンチャー企業の支援に従事していることから、経済的に成立しえるプロジェクトとしての「バイオマス水素」事業を考察し、議論を進めます。

 1. 水素とは
 2. エネルギー媒体としての水素の位置付け
 3. 化石燃料由来水素から"クリーン"水素へ
 4. クリーン水素の原料たるバイオマス
 5. 水素インフラの問題点(輸送コスト)と分散型水素製造装置の必要性
 6. ビジネスの観点からの今後の展開


第3部 再生可能エネルギーの大量導入に向けた高効率水素電力貯蔵の可能性

亀田 常治 氏(13:25〜14:20)

 環境負荷低減やエネルギーセキュリティの観点から、再生可能エネルギーの導入が世界的に進んでいる。太陽光・風力など変動の大きい発電を電力系統に大量導入するためには、余剰電力の貯蔵など、大容量・長時間の電力貯蔵技術が必要となる。水の電気分解による水素の製造・貯蔵で"蓄電"し、水素を用いた発電で"放電"する「水素電力貯蔵システム」は、こうした運用に適している。高い充放電効率が望める固体酸化物形セルを電解/発電に用いたシステムについて、要素技術の開発状況や経済性評価を述べる。また、英国での実証実験についても概要を紹介する。


第4部 水素社会における水電解式水素製造と貯蔵の実現性および課題
三宅 明子 氏(14:25〜15:20)

 水電解方式による水素製造は、高圧ガスボンベ代替のオンサイト水素供給装置として、半導体分野など高純度水素ガスの用途にとどまらず、燃料電池自動車向け水素供給ステーションや、再生可能エネルギーの電力を水素に変換貯蔵する手段としても期待されている。本講演では、水素社会の実現に向けた水電解メーカとしての取組みを紹介し、水素製造コスト低減のための課題や将来的な経済性評価の見通し、今後の展望について概論する。


第5部 水素の大量貯蔵輸送技術と水素社会実現の可能性
岡田 佳巳 氏(15:25〜16:20)

 千代田化工建設では水素の大量貯蔵輸送技術の確立を完了し、水素キャリアとして用いる有機ハイドライドは「SPERA水素」と命名され、実用化段階に移行している。本講座では、SPERA水素技術の概要と本技術を通じての水素社会実現の可能性について述べる。

1. SPERA水素技術の概要
 水素エネルギーの大量貯蔵輸送技術として開発された「SPERA水素システム」の
 概要を述べる。
2. 水素サプライチェーン構想
 「SPERA水素システム」を利用した水素エネルギーのサプライチェーンに関する
  構想を紹介する。
3. 水素社会実現の可能性
 「SPERA水素システム」の実用化による水素エネルギーの各利用分野に関する
  概説を行い、水素社会の実現可能性に関する考察を述べる。


※講師・内容は予告なく変更することがあります。予めご了承ください。

 
 
 
技術の相談窓口
技術分野毎の課題に対応する資料をお探しの方へ。
技術テーマ別 オンライン
東京メガ・資料請求 相談センター 06-6363-3359
 
TwitterPowered by 119
 
“新規事業担当者”の方へ
新規参入する上で、早目に、多くのファクター(糸口)を拾うことで、取り組むべき正確な課題を発見!リスク(落とし穴)を事前に把握し、無駄なリソースを削減できる。
情報収集と探索は、スピード+リソースをいかに削減するか、が課題です。その事業(技術)特有の必須要件を時間をかける事なく、短時間で集中把握したいとお考えの方へ。講演会による情報収集を有効活用して頂ければ幸いです。
ご案内の請求・停止
ご案内の請求
送付停止
送付先所在地変更
ご案内の請求
送信停止
送信先アドレス変更
個人情報保護方針について お問い合わせ メガセミナー社について