植物工場|養液栽培における、病害,殺菌技術,循環型,開放型などの事例,課題,問題,市場,動向など、セミナーでお届け致します。

メガセミナー・サービス 技術・研究・設計・開発・メンテナンス・企画・調査等の担当者|市場動向・技術動向とビジネスチャンス
HOME よくある質問 受付ダイヤル:06-6363-3359
 
環境・新エネルギー セミナー植物工場 セミナー2013年2月 > 植物工場養液栽培における病害の危険性と殺菌技術
東京メガセミナー・資料請求センター
ウェブサイトによる お問い合わせ・資料請求は、技術テーマ別 オンラインお問い合わせをご利用ください。
技術テーマ別 オンラインお問い合わせ

※新規参入における企画・事業計画を担当されている方向けの情報を提供しております。実際に、新しい技術分野に参入する場合、市場動向や市場規模の数値データ、或いは、先行する企業の事例や課題(=技術の壁)、海外の成功例、失敗例があれば対応策を発見しやすくなります。事前に全体像を把握し、どこに課題があるのか推察できたなら、その部分にリソースを集中する事ができます。しかし現実には、実証実験を通した使える詳細なデータや図表などは、新しい技術分野ゆえに、見当たらないのが現実です。
そこで東京メガセミナー事務局では、新規参入に必要な情報として大型講演会を開催、技術課題を可能な限り網羅し、副資料(図表/データ/具体的な事例)の提供を開始致しました。海外進出をご担当のマーケティング担当者、海外コンサルティングファームでご活躍の方から、研究所・研究機関の技術者・研究者の方まで、高い評価を頂いております。講演会参加をご検討中の方、或いは海外にて出席できない方、資料不足でお悩みの方はぜひ、こちらから詳細資料(無料)をお申し込みください。

 
 
講演会タイトル
植物工場養液栽培における病害の危険性と殺菌技術
 
植物工場養液栽培における病害の危険性と殺菌技術
植物工場における病害防止技術の最前線を探る!
いかに低コストに栽培植物の収穫リスクを最少化するか!?
本セミナーでは、養液栽培の病害対策をリードしてきた大阪府立環境農林水産総合研究所の草刈眞一氏にその実態と対策についてを、新たな効果が検証されているオゾンマイクロバブルによる殺菌については玉川大学の玉置雅彦氏にお話しいただきます。開放型、完全閉鎖型限らず植物工場を計画の方々多数のご参加をお待ちしております。
■講演会の概要
日時: 2013年2月20日(水)13:30〜16:40
会場: ゲートシティ大崎(東京・大崎駅すぐ)B1階 ルームB
≪会場地図はこちら≫
※急ぎのご連絡は東京メガセミナー(株)(TEL06-6363-3372)まで!!
受講料: 21,000円(税込)
※資料付
講師: 草刈 眞一 氏 / 
(地独)大阪府立環境農林水産総合研究所 経営企画部 企画広報課

S.48.3 大阪府立大学大学院農学研究科修了
    京都大学農薬研究施設研究員
S.48.4 大阪府農林技術センター研究員
    栽培部野菜研究室、病虫研究室をへて
H.16.4 食の安全研究部長
H.14.4〜H15.3 大阪府立大学客員教授
H.20.3 退職
現在 再任用職員として現職
近畿大学農学部非常勤講師

大阪府における病害防除、特に、養液栽培の病害対策を研究してきた。大阪府下のメーカーと銀を農薬としてはじめて登録した他、銀を使った抗菌フィルターを開発、オゾン水、電解酸性水の農業利用を開発してきた。現在、静電気を利用した害虫、病原菌の補足装置について近畿大学、カゴメと共同開発している。

玉置 雅彦 氏 / 
明治大学 農学部 アグリサイエンス研究室 教授 黒川農場長

主催: S&T出版株式会社
■講演会のプログラム内容

<趣旨>
 植物工場はそのクリーンさと安全性が大きな特徴のひとつとされています。しかし現実には、植物工場であっても養液栽培における病害の発生は排除できません。養液栽培であるが故に、病原菌が発生すると装置全体に広がり収穫量が大幅に落ち込む危険性を残しています。
 本セミナーでは、養液栽培の病害対策をリードしてきた大阪府立環境農林水産総合研究所の草刈眞一氏にその実態と対策についてを、新たな効果が検証されているオゾンマイクロバブルによる殺菌については玉川大学の玉置雅彦氏にお話しいただきます。開放型、完全閉鎖型限らず植物工場を計画の方々多数のご参加をお待ちしております。


第1部 養液栽培における病害とその対策 草刈 眞一 氏
(13:30〜15:00)

本邦で発生する養液栽培の病害について、病?およびその病原菌につて解説します。養液栽培の病害の防除対策として、病原菌の伝染様式、伝染、被害発生を防止するための対策、培養液中のの病原菌の殺菌技術について解説します。

1. 養液栽培で発生する病害と病原菌
 @ 養液栽培に発生する病害
 A 装置別の病害重要度
 B 循環型、開放型と病害発生
 C 培養液環境と病害発生
2. 根腐病等水生菌類による病害の伝染と防除対策
 @ 養液伝染性病害の蔓延機構
 A 培養液の殺菌技術
 B 防除資材「オクトクロス」
3. 施設の殺菌方法
 @ 養液栽培で使われる表面殺菌剤
 A 熱を使った殺菌法
4. 安全な養液栽培をするためには(圃場衛生の考え方)
 @ 衛生微生物のよる生産物の汚染
 A 安全な生鮮野菜を生産するために


第2部 植物工場におけるオゾンマイクロバブルを用いた
    培養液中の植物病原菌の殺菌と効果 玉置 雅彦 氏

(15:10〜16:40)

 養液栽培の培養液中の植物病原菌を、オゾンマイクロバブルを用いて殺菌する方法と効果、課題等について演者のこれまでの実験結果から解説します。

1. 養液栽培における殺菌の必要性
 @ 資材・施設の殺菌法
 A 培養液の殺菌法
2. オゾンマイクロバブルを用いた殺菌
 @ マイクロバブルの発生方式
 A オゾンマイクロバブルの殺菌効果
 B 気体の種類の違いと殺菌効果
 C 培養液中の肥料組成の変化
3. キレートの利用
 @ キレートの利用と肥料組成
 A キレートの利用と培養液のpH  B キレートの利用と殺菌効果
 C キレートの利用と植物の生育
4. 溶存酸素と植物の生育
 @ オゾンマイクロバブルによる溶存酸素濃度
 A 空気マイクロバブルと植物の生育

 
 
 
技術の相談窓口
技術分野毎の課題に対応する資料をお探しの方へ。
技術テーマ別 オンライン
東京メガ・資料請求 相談センター 06-6363-3359
 
TwitterPowered by 119
 
“新規事業担当者”の方へ
新規参入する上で、早目に、多くのファクター(糸口)を拾うことで、取り組むべき正確な課題を発見!リスク(落とし穴)を事前に把握し、無駄なリソースを削減できる。
情報収集と探索は、スピード+リソースをいかに削減するか、が課題です。その事業(技術)特有の必須要件を時間をかける事なく、短時間で集中把握したいとお考えの方へ。講演会による情報収集を有効活用して頂ければ幸いです。
ご案内の請求・停止
ご案内の請求
送付停止
送付先所在地変更
ご案内の請求
送信停止
送信先アドレス変更
個人情報保護方針について お問い合わせ メガセミナー社について