蛍光体技術|合成における、照明,LED,植物工場,太陽電池などの事例,課題,問題,市場,動向など、セミナーでお届け致します。

メガセミナー・サービス 技術・研究・設計・開発・メンテナンス・企画・調査等の担当者|市場動向・技術動向とビジネスチャンス
HOME よくある質問 受付ダイヤル:06-6363-3359
 
環境・新エネルギー セミナー蛍光体技術 セミナー2012年9月 > 蛍光体技術とビジネス
東京メガセミナー・資料請求センター
ウェブサイトによる お問い合わせ・資料請求は、技術テーマ別 オンラインお問い合わせをご利用ください。
技術テーマ別 オンラインお問い合わせ

※新規参入における企画・事業計画を担当されている方向けの情報を提供しております。実際に、新しい技術分野に参入する場合、市場動向や市場規模の数値データ、或いは、先行する企業の事例や課題(=技術の壁)、海外の成功例、失敗例があれば対応策を発見しやすくなります。事前に全体像を把握し、どこに課題があるのか推察できたなら、その部分にリソースを集中する事ができます。しかし現実には、実証実験を通した使える詳細なデータや図表などは、新しい技術分野ゆえに、見当たらないのが現実です。
そこで東京メガセミナー事務局では、新規参入に必要な情報として大型講演会を開催、技術課題を可能な限り網羅し、副資料(図表/データ/具体的な事例)の提供を開始致しました。海外進出をご担当のマーケティング担当者、海外コンサルティングファームでご活躍の方から、研究所・研究機関の技術者・研究者の方まで、高い評価を頂いております。講演会参加をご検討中の方、或いは海外にて出席できない方、資料不足でお悩みの方はぜひ、こちらから詳細資料(無料)をお申し込みください。

 
 
講演会タイトル
蛍光体技術とビジネス
  〜 合成のコツと最新技術動向、及びマーケット展望 〜
 

蛍光体技術とビジネス
蛍光体の新たな合成法、そしてレアアース問題、気になるメーカーの開発動向、、
最新のトピックを交えながら、今後の蛍光体ビジネスの行方までを網羅!
■講演会の概要
日時: 2012年9月28日(金) 10:30〜16:30
会場: 東京・品川区大井町 きゅりあん 4F 研修室
≪会場地図はこちら≫
※急ぎのご連絡は東京メガセミナー(株)(TEL06-6363-3372)まで!!
受講料:
(税込)
(税込)47,250円
 ⇒E-mail案内登録会員 44,800円(ネットからお申し込みの方、全員)
  
※資料・昼食付
上記価格より:
<2名で参加の場合1名につき7,350円割引
<3名で参加の場合1名につき10,500円割引>(同一法人に限ります)
講師: 新潟大学大学院自然科学研究科 准教授 博士(学術) 戸田 健司 氏
主催: サイエンス&テクノロジー株式会社
■講演会のプログラム内容

■蛍光体技術とビジネス
<趣旨>
 次世代照明としてLED照明が注目されている。特に東北大震災以来、白色LEDを用いるLED電球がエネルギー問題への救世主と考えられ、照明業界のLED照明へのシフトは加速している。本セミナーでは、LED蛍光体を中心とする光励起蛍光体について、植物工場や太陽電池への応用も含めて、一般論だけでなく実際の市販品レベルでのパフォーマンスとあわせて述べ、将来の研究開発およびビジネス動向を幅広く解説する。

1.蛍光体の合成のコツと新たな合成手法
 1.1 希土類問題はLED蛍光体にとって大きな追い風
 1.2 植物育成や太陽電池に適したスペクトルを持つ発光イオンとしてのMn4+
 1.3 LED蛍光体合成における還元雰囲気の問題点、なぜ実験室レベルでは
   光らないのか?
 1.4 窒化物における高圧合成の問題と量産レベルで使用されている非常識な
   プロセス
 1.5 新たな液相法により見いだされている蛍光体とその利点よび気相法の有利な点
 1.6 新たな気相法(一種のCVD合成)で高い発光強度が得られる理由
 1.7 リモートフォスファーが変える次世代蛍光体の開発動向

2.実用LED用蛍光体の長所と欠点
 2.1 黄色 (Y,Gd) 3 (Al,Ga) 5O12:Ce (通称YAG) 市販品レベルでの熱特性と
   効率に問題はない?
 2.2 黄色 (Ba,Sr) 2SiO4:Eu (通称BOSE) 化学的安定性はコーティングで
   解決した!
 2.3 黄色α-Caサイアロン:Eu 「もう一つ効率がね」という評判は克服できたのか?
 2.4 燈色 (Ba,Sr) 3SiO5:Eu Al系との固溶により劣化特性の改善は可能か?  
 2.5 赤色 (Ca,Sr) 2Si5N8:Eu 市販品ではカズンに匹敵する特性 
 2.6 赤色 (Ca,Sr) AlSiN3:Eu (通称カズン) 使用されているのは純粋なカズン
   ではない? 
 2.7 青緑-黄色 (Ba,Sr,Ca) Si2O2N2:Eu 魅力的な色なのにほとんど利用されて
   いない理由は? 
 2.8 緑色β-サイアロン:Eu 色が悪く、効率も低いのに使用される理由は?
 2.9 黄色Li2SrSiO4:Eu 効率および化学的安定性ともBOSEを上回る新しい
   黄色蛍光体の新時代エース候補か?
 2.10 緑色Ba3Si6O12N2:Eu BOSEに対するメリットはあるのか?
 2.11 La3Si6N11:Ce 魅力的な色と優れた熱特性
 2.12 その他の蛍光体

3.その他の最新の話題
 3.1 特許情報
 3.2 東北大学の酸化物系で青色励起可能な赤色蛍光体とは?
 3.3 北海道大学の無機蛍光体よりも100倍以上の発光強度を示す新型有機発光体は
   本当? 
 3.4 レンゴーが発表したレアアースを使用しない新しい蛍光発光体「ガイアフォト
   ン」とは?      
 3.5 新潟大学での新規材料の開発状況
 3.6 蛍光体開発の方向性と最後に生き残りそうなメーカーとは

  □質疑応答・名刺交換□

 
 
 
技術の相談窓口
技術分野毎の課題に対応する資料をお探しの方へ。
技術テーマ別 オンライン
東京メガ・資料請求 相談センター 06-6363-3359
 
TwitterPowered by 119
 
“新規事業担当者”の方へ
新規参入する上で、早目に、多くのファクター(糸口)を拾うことで、取り組むべき正確な課題を発見!リスク(落とし穴)を事前に把握し、無駄なリソースを削減できる。
情報収集と探索は、スピード+リソースをいかに削減するか、が課題です。その事業(技術)特有の必須要件を時間をかける事なく、短時間で集中把握したいとお考えの方へ。講演会による情報収集を有効活用して頂ければ幸いです。
ご案内の請求・停止
ご案内の請求
送付停止
送付先所在地変更
ご案内の請求
送信停止
送信先アドレス変更
個人情報保護方針について お問い合わせ メガセミナー社について