化合物系薄膜太陽電池|効率向上における、モジュール製造,セル作製,太陽電池,透明導電膜,EH開発などの事例,課題,問題,市場,動向など、セミナーでお届け致します。

メガセミナー・サービス 技術・研究・設計・開発・メンテナンス・企画・調査等の担当者|市場動向・技術動向とビジネスチャンス
HOME よくある質問 受付ダイヤル:06-6363-3359
 
環境・新エネルギー セミナー化合物系薄膜太陽電池 セミナー2012年3月 > 化合物系薄膜太陽電池の製造技術と展望
東京メガセミナー・資料請求センター
ウェブサイトによる お問い合わせ・資料請求は、技術テーマ別 オンラインお問い合わせをご利用ください。
技術テーマ別 オンラインお問い合わせ

※新規参入における企画・事業計画を担当されている方向けの情報を提供しております。実際に、新しい技術分野に参入する場合、市場動向や市場規模の数値データ、或いは、先行する企業の事例や課題(=技術の壁)、海外の成功例、失敗例があれば対応策を発見しやすくなります。事前に全体像を把握し、どこに課題があるのか推察できたなら、その部分にリソースを集中する事ができます。しかし現実には、実証実験を通した使える詳細なデータや図表などは、新しい技術分野ゆえに、見当たらないのが現実です。
そこで東京メガセミナー事務局では、新規参入に必要な情報として大型講演会を開催、技術課題を可能な限り網羅し、副資料(図表/データ/具体的な事例)の提供を開始致しました。海外進出をご担当のマーケティング担当者、海外コンサルティングファームでご活躍の方から、研究所・研究機関の技術者・研究者の方まで、高い評価を頂いております。講演会参加をご検討中の方、或いは海外にて出席できない方、資料不足でお悩みの方はぜひ、こちらから詳細資料(無料)をお申し込みください。

 
 
講演会タイトル
化合物系薄膜太陽電池の製造技術と展望
   〜 CIS・CIGS・CZTS太陽電池の製造プロセスと展望 〜
 
化合物系薄膜太陽電池の製造技術と展望
化合物太陽電池(CIS・CIGS・CZTS)の最新動向・今後の展望とは!
CIS・CIGS太陽電池およびCZTS太陽電池の製造技術・プロセスの開発動向を解説!
■講演会の概要
日時: 2012年3月21日(水) 10:00〜16:30
会場: 東京・千代田区駿河台 総評会館 5階 502会議室
≪会場地図はこちら≫
※急ぎのご連絡は東京メガセミナー(株)(TEL06-6363-3372)まで!!
受講料:
(税込)
(税込)47,250円
 ⇒E-mail案内登録会員 44,800円(ネットからお申し込みの方、全員)
  
※資料・昼食付
上記価格より:
<2名で参加の場合1名につき7,350円割引
<3名で参加の場合1名につき10,500円割引>(同一法人に限ります)
講師: 第1部 CIS系薄膜太陽電池の現状と今後の展望
〜ソーラーフロンティアの取組み

(10:00〜11:20)
ソーラーフロンティア(株) 執行役員 技術戦略企画部 部長 櫛屋 勝巳 氏

第2部 CIGS薄膜太陽電池の製造技術開発動向と
低コスト・高効率化に向けた製造プロセス

(11:30〜13:00)
東京理科大学 理工学部 電気電子情報工学科 講師 杉山 睦 氏

第3部 円筒型およびフレキシブル型CIGS太陽光発電モジュールの技術概要と
性能評価に対する取り組み

(13:40〜15:00)
大阪大学 接合科学研究所 加工システム研究部門 環境調和プロセス学分野
招聘准教授 平木 博久 氏

第4部 InフリーCZTS薄膜太陽電池の開発と製造技術
(15:10〜16:30)
長岡工業高等専門学校 電気電子システム工学科 教授 片桐 裕則 氏

主催: サイエンス&テクノロジー株式会社
■講演会のプログラム内容

第1部 CIS系薄膜太陽電池の現状と今後の展望
    〜ソーラーフロンティアの取組み〜

1.CIS系薄膜太陽電池技術の現状
 CIS系薄膜太陽電池技術は、現在世界で20社程度が事業化を検討していると
言われるが実際には事業化の困難さにも直面している。この現状を概説する。

2.CIS系薄膜太陽電池の製造技術
 CIS系薄膜太陽電池技術は、1980年代からの技術開発を基盤として発展して
来た。その歴史的背景と事業化に供されている製造技術に関して概説する。

3.CIS系薄膜太陽電池技術の将来展望
 太陽電池技術は太陽光発電市場の拡大に伴い、ある意味淘汰の時代を迎えて
いる。これを乗り切るためのCIS系薄膜太陽電池技術の課題と将来展望を概説する。

 


第2部 CIGS薄膜太陽電池の製造技術開発動向と
    低コスト・高効率化に向けた製造プロセス

<趣旨>
 Cu(In,Ga)Se2(CIGS)を代表とする化合物薄膜太陽電池は、既に市場に出荷されているものの、作製時の問題を多く抱えているのが現状である。本セミナーは、CIGS薄膜や太陽電池の作製法について基礎から現状を解説し問題点を整理するとともに、CIGS太陽電池を「早く・安く・簡単に」作製するためのプロセス技術や材料マッチングなど、これから必要なアイデアを紹介する。

1.化合物太陽電池について
 −半導体材料の選択−

2.CIGS太陽電池の現状と課題
 2.1 CIGS薄膜/太陽電池とは
 2.2 研究・開発の歴史
 2.3 CIGS薄膜/太陽電池の特徴・利点
 2.4 CIGS太陽電池の作製法と問題点
 2.5 国内外のCIGS太陽電池メーカーの動向

3.CIGS太陽電池の新規作製プロセス
 3.1 フレキシブル基板上へのCIGS太陽電池の作製
 3.2 印刷技術を用いたCIGS太陽電池の作製
 3.3 脱Cd技術を用いたCIGS太陽電池の作製
 3.4 pn接合部以外の新規材料・プロセス技術

4.まとめ 
 −CIGS太陽電池の将来性−

 □ 質疑応答 □


第3部 円筒型およびフレキシブル型CIGS太陽光発電モジュールの
    技術概要と性能評価に対する取り組み

<趣旨>
 CIGS太陽電池は、薄膜太陽電池の中で最も光電変換効率が高く、大面積モジュールの長期安定性が実証されたうえ本質的に低コスト化が可能なため、結晶系シリコン太陽電池のほぼ独占状態であった太陽光発電市場で非常な勢いで導入実績が伸びてきている。日本国内の太陽光発電市場に目を向けると、世界市場でも同様なことが言えるがCIGS系太陽光発電モジュールメーカーの代表格であるソーラーフロンティア社とホンダソルテック社は既に一定の地位を築いている。 このような状況の中、世界中でCIGS太陽電池のR&D や商業化が活発になされているが、市場への参入障壁は決して低くなく、参入するには製品・技術の差別化が重要になると考える。
本講演では、 CIGS薄膜太陽電池の技術と市場の概要を述べた後、円筒型およびフレキシブル型CIGS太陽光発電モジュールといった従来の平板型太陽光発電モジュールとは異なるモジュールについての技術的な特徴やそれらモジュールが日本市場に参入するために必要な性能を有しているかを見極めるための評価に対する取り組み内容を紹介する。

1.CIGS薄膜太陽電池の技術概要
 1.1 CIGS薄膜太陽電池の特長
 1.2 多種多様な形状、製膜方法のCIGS薄膜太陽電池

2.CIGS薄膜太陽電池の市場トレンド
 2.1 太陽光発電市場におけるCIGS系太陽光発電モジュールの位置づけ
 2.2 市場参入を狙う世界各国のCIGS系太陽光発電モジュールメーカー
 2.3 CIGS系太陽光発電モジュールの期待できるアプリケーションの考察

3. 円筒型およびフレキシブル型CIGS太陽光発電モジュールの技術概要
 3.1 円筒型CIGS太陽光発電モジュールの特徴
 3.2 フレキシブル型CIGS太陽光発電モジュールの特徴
 3.3 円筒型およびフレキシブル型CIGS太陽光発電モジュールを用いた新たなアプリケーションの提案

4.CIGS薄膜太陽電池の性能評価に対する取り組み
 4.1 円筒型CIGS太陽光発電モジュールの各種フィールドテスト
 4.2 フレキシブル型CIGS太陽光発電モジュールの各種フィールドテスト

 □ 質疑応答 □

※講演内容は一部変更になる場合がございます。


第4部 InフリーCZTS薄膜太陽電池の開発と製造技術
<趣旨>
 本講演では、汎用原料のみで構成できるInフリー Cu2ZnSnS4(CZTS)薄膜を光吸収層に用いた新型太陽電池の研究開発を紹介する。CZTSは約1.5 eVの禁制帯幅と104cm-1台の大きな光吸収係数を持つため、薄膜太陽電池材料として有望である。このすばらしい光学特性を、1988年に初めて明らかにしたのは、信州大学の伊東教授らであった。彼らは、カドミウム・スズ系酸化物とのヘテロ接合を形成し165mVの開放電圧を報告している。筆者の研究室では、真空製膜装置によりCu-Zn-Sn-S系のプリカーサを作製した後、硫化水素雰囲気中で熱処理する事によってCZTS 薄膜を作製している。1996年には、SLG/Mo/CZTS/ CdS/ZnO:Al/Al構造の薄膜太陽電池を構成し、CZTS系薄膜太陽電池では初めてとなる0.66%の変換効率を発表した。その後、各種の評価を通して作製条件の最適化を図り、変換効率の向上に努めてきた。2008年には、 6.77%の変換効率を発表している。最近では、組成比に対する変換効率マップを公表し、Cu-poor, Zn-rich組成が好ましい組成であることを明らかにしている。本講演では、筆者の研究室で行っているスパッタ・硫化法によるCZTS薄膜の作製に焦点を当てて、従来の研究の推移を報告する。

1.はじめに
 1.1 化合物太陽電池の現状
 1.2 脱希少金属系太陽電池

2.CZTS薄膜太陽電池の作製
 2.1 硫化法によるCZTS薄膜の作製
 2.2 初めての変換効率
 2.3 原材料の違い
 2.3 プリカーサ積層順の検討

3.変換効率マップ
 3.1 3源同時スパッタシステム
 3.2 作製条件の再検討
 3.3 擬3元系組成図上での変換効率マップ

4.化合物ターゲットによるCZTS光吸収層の作製
 4.1 As-sputter膜
 4.2 窒素雰囲気アニール
 4.3 硫化処理

5.無毒性薄膜太陽電池を目指して
 5.1 大気開放型CVDとは?
 5.2 ZnO界面層によるセルの構成

6.最新成果と今後の展開

 □ 質疑応答 □

 
 
 
技術の相談窓口
技術分野毎の課題に対応する資料をお探しの方へ。
技術テーマ別 オンライン
東京メガ・資料請求 相談センター 06-6363-3359
 
TwitterPowered by 119
 
“新規事業担当者”の方へ
新規参入する上で、早目に、多くのファクター(糸口)を拾うことで、取り組むべき正確な課題を発見!リスク(落とし穴)を事前に把握し、無駄なリソースを削減できる。
情報収集と探索は、スピード+リソースをいかに削減するか、が課題です。その事業(技術)特有の必須要件を時間をかける事なく、短時間で集中把握したいとお考えの方へ。講演会による情報収集を有効活用して頂ければ幸いです。
ご案内の請求・停止
ご案内の請求
送付停止
送付先所在地変更
ご案内の請求
送信停止
送信先アドレス変更
個人情報保護方針について お問い合わせ メガセミナー社について