ヘルスケア市場|中国における、健康管理,美容機器,ヘルスケア市場,健康意識,販売チャネルなどの事例,課題,問題,市場,動向など、セミナーでお届け致します。

メガセミナー・サービス 技術・研究・設計・開発・メンテナンス・企画・調査等の担当者|市場動向・技術動向とビジネスチャンス
HOME よくある質問 受付ダイヤル:06-6363-3359
 
環境・新エネルギー セミナー中国ヘルスケア セミナー2011年11月 > 中国ヘルスケア市場と参入戦略
東京メガセミナー・資料請求センター
ウェブサイトによる お問い合わせ・資料請求は、技術テーマ別 オンラインお問い合わせをご利用ください。
技術テーマ別 オンラインお問い合わせ

※新規参入における企画・事業計画を担当されている方向けの情報を提供しております。実際に、新しい技術分野に参入する場合、市場動向や市場規模の数値データ、或いは、先行する企業の事例や課題(=技術の壁)、海外の成功例、失敗例があれば対応策を発見しやすくなります。事前に全体像を把握し、どこに課題があるのか推察できたなら、その部分にリソースを集中する事ができます。しかし現実には、実証実験を通した使える詳細なデータや図表などは、新しい技術分野ゆえに、見当たらないのが現実です。
そこで東京メガセミナー事務局では、新規参入に必要な情報として大型講演会を開催、技術課題を可能な限り網羅し、副資料(図表/データ/具体的な事例)の提供を開始致しました。海外進出をご担当のマーケティング担当者、海外コンサルティングファームでご活躍の方から、研究所・研究機関の技術者・研究者の方まで、高い評価を頂いております。講演会参加をご検討中の方、或いは海外にて出席できない方、資料不足でお悩みの方はぜひ、こちらから詳細資料(無料)をお申し込みください。

 
 
講演会タイトル
中国のヘルスケア市場と参入戦略
   〜 健康管理・美容機器と周辺サービス 〜
 
中国のヘルスケア市場と参入戦略
中国の医療・健康サービス、健康意識、市場概観と認証・規制、販売チャネル選定など…
健康管理・美容機器などのヘルスケアビジネスにおける中国進出のポイントについて解説!
■講演会の概要
日時: 2011年11月30日(水) 12:30〜17:00
会場: 東京・大田区蒲田 大田区産業プラザ(PiO) 6階 D会議室
≪会場地図はこちら≫
※急ぎのご連絡は東京メガセミナー(株)(TEL06-6363-3372)まで!!
受講料:
(税込)
(税込)21,000円
 ⇒E-mail案内登録会員 19,900円(ネットからお申し込みの方、全員)
  
※資料付
※アカデミー割引・複数同時申し込み割引適用外
講師: 第1部 中国の医療・社会インフラと健康管理意識 
    〜医療サービスと生活習慣“健康”に対する意識〜

≪12:30〜13:30>>

(株)グローバル・バイオパートナーズ 代表取締役 山本 勝義 氏
【講師紹介】
九州大学工学部応用化学科卒業。ミシガン大学ビジネススクール修了。
1978年大塚製薬株式会社入社。医薬品の国内・海外の臨床開発プロジェクトに参画。
2002年より、国際アジア・アラブ事業部に異動。上海事務所首席代表(所長)として中国に駐在し、医薬品、栄養製品、医療機器、等の事業企画、市場調査、フィージビリティ・スタディ、開発・薬事等の業務を通じて、同社の中国事業推進役を担った。
2009年3月、株式会社グローバル・バイオパートナーズを設立し、代表取締役に就任。
コンサルティング業務のほか、中国のヘルスケア関連公開セミナー、コラム、中国医薬品書籍執筆など多数。最近は中小企業の中国進出、中国EC市場での販売、商材仕入れなどの支援業務にも精力的に活動している。
2011年9月 経済産業省後援事業「ドリーム・ゲート」専門家アドバイザーに認定される。

中南大学長沙湘雅医薬臨床研究有限公司 顧問
北京天健華成国際投資顧問有限公司 日本代表

第2部 中国の健康管理・美容機器の市場概観
    〜既存プレーヤーと消費者動向〜

≪13:40〜14:40>>

拓知管理諮詢(上海)有限公司 総経理 呉 明憲 氏
1992年3月 神戸大学経営学部卒業。
1992年4月 住友銀行(現三井住友銀行)入行。
2003年1月 キャストコンサルティング(上海)有限公司へ派遣。
2005年1月 日綜(上海)投資コンサルティング有限公司設立に伴い現職に就任。
2006年9月 日中経済貿易センターJCCNETの運営協力者(コメンテーター)に就任。
2011年10月 拓知管理諮詢(上海)有限公司の総経理に就任。

住友銀行入行後、ほぼ一貫して法人業務畑を歩む。上海支店赴任後は中国ビジネスコンサルティングに特化、2005年に日綜(上海)投資諮詢有限公司設立に伴い同社の副総経理に就任し、2011年1月より独立して拓知管理諮詢(上海)有限公司の総経理に就任。

【拓知管理諮詢(上海)有限公司WEBサイト】
【講師ブログ】

第3部 中国における健康管理・美容機器周辺の規制 
    〜認証・輸入規制の実際〜

≪14:50〜15:50>>

拓知管理諮詢(上海)有限公司 総経理 呉 明憲 氏

第4部 中国における販売戦略 
    〜販促・プロモーション手法の整理とインターネット活用の可能性〜

≪16:00〜17:00>>

悠尚企画  代表 赤井 温弘 氏
(株)光ワークス 取締役
WIPジャパン(株) シニアアドバイザー

神戸大学経済学部 卒業
神戸大学大学院国際協力研究科 修了
アクセンチュア、ケンコーコム(株)を経て、2010年に独立。 コンサルティングとECベンチャー企業での10年の経験をベースに、上海在住の中国人仲間とともに、中国向けECサイトの運営やコンサルティングを手掛ける。
【悠尚企画WEBサイト】

主催: サイエンス&テクノロジー株式会社
■講演会のプログラム内容
第1部 中国の医療・社会インフラと健康管理意識
    〜医療サービスと生活習慣“健康”に対する意識〜

1.中国の経済成長と健康意識の高まり
 1.1 中国経済発展の歴史
 1.2 経済成長と医療サービス
 1.3 医療・健康サービスの事例解説

2.中国の医療保険制度
 2.1 高騰する医療費
 2.2 「看病難看病貴」
 2.3 都市と農村の医療保険制度と将来

3.高齢化社会と健康
 3.1 1億人を越えた高齢化社会
 3.2 健康意識の高まり

4.中国ビジネス成功のキーワード「安全・安心・健康・エコ」
 4.1 健康意識の高まり
 4.2 海外ブランドの根強い人気度
 4.3 Made in Japanに商機あり


第2部 中国の健康管理・美容機器の市場概観
    〜既存プレーヤーと消費者動向〜

<趣旨>
 中国経済が発展するにつれて中国人も経済的な余裕が出てきており、そんな中で健康・美容に関する意識も高まってきています。スポーツジムに多くの人が通うようになり、エステサロンも多く見られるようになって来ました。このような状況の中で、健康・美容に関するビジネスチャンスも増大してきているといえます。ここでは健康管理・美容機器に関する非日系のプレーヤーの動向を紹介するとともに、中国の消費者の健康管理・美容機器への消費行動を見ることで、中国市場でのビジネスチャンスを探って行きます。

1.健康管理市場
 1.1 市場規模
 1.2 主な非日系プレーヤー
 1.3 消費者動向

2.美容機器市場
 2.1 市場規模
 2.2 主な非日系プレーヤー
 2.3 消費者動向


第3部 中国における健康管理・美容機器周辺の規制
    〜認証・輸入規制の実際〜

<趣旨>
 日本において健康管理や美容に関する機器に要求される基準があるように、中国でも同様な基準が設けられています。また、機器類を中国へ輸出するに当たりましては、受入側である中国の輸入に関するルールをクリアする必要があります。ここでは機器類の輸入手続きおよび2003年より実施されている強制制認証(CCC)手続きについて紹介します。

1.中国における機器の輸入手続き
 1.1 中国における健康管理機器のカテゴリー
 1.2 中国における美容機器のカテゴリー
 1.3 機電製品の輸入管理
  1.3.1 機電製品輸入自動許可実施弁法
  1.3.2 機電製品輸入管理弁法

2.強制制認証(CCC)の取得
 2.1 強制制認証(CCC)とは
 2.2 CCCの対象となる製品
 2.3 CCC取得手続きフロー


第4部 中国における販売戦略
   〜販促・プロモーション手法の整理とインターネット活用の可能性〜

<趣旨>
 中国における販売チャネルとプロモーションのチャネルを改めて整理します。
その上で、健康機器・美容機器をはじめとする、健康管理・美容の市場において、どのようなアプローチが有効なのか、企業規模や商品特性にあわせて検討します。

【受講して頂きたい方】
・中国に進出を検討されている企業の方
・中国の代理店を通じて取引されている企業の方など

1.健康機器・美容機器のチャネルの整理
 1.1 販売チャネルの整理 〜 B2B、B2B2C、B2Cの観点から
 1.2 フルフィルメントの整理 〜 生産拠点からお客様へ
 1.3 広告・プロモーションの整理 〜 リアルとネット

2.中国インターネット事情
 2.1 日本との相違点
 2.2 広告チャネルとしての可能性
 2.3 販売チャネルとしての可能性
 2.4 サービス提供チャネルとしての可能性

3.中国市場の攻め方の検討
 3.1 ターゲットの具体化
 3.2 各チャネルの組み合わせの検討

4.まとめ・質疑応答

 
 
 
技術の相談窓口
技術分野毎の課題に対応する資料をお探しの方へ。
技術テーマ別 オンライン
東京メガ・資料請求 相談センター 06-6363-3359
 
TwitterPowered by 119
 
“新規事業担当者”の方へ
新規参入する上で、早目に、多くのファクター(糸口)を拾うことで、取り組むべき正確な課題を発見!リスク(落とし穴)を事前に把握し、無駄なリソースを削減できる。
情報収集と探索は、スピード+リソースをいかに削減するか、が課題です。その事業(技術)特有の必須要件を時間をかける事なく、短時間で集中把握したいとお考えの方へ。講演会による情報収集を有効活用して頂ければ幸いです。
ご案内の請求・停止
ご案内の請求
送付停止
送付先所在地変更
ご案内の請求
送信停止
送信先アドレス変更
個人情報保護方針について お問い合わせ メガセミナー社について