CCS|CO2回収における、貯蔵,CCS,膜分離,インサラーPJなどの事例,課題,問題,市場,動向など、セミナーでお届け致します。

メガセミナー・サービス 技術・研究・設計・開発・メンテナンス・企画・調査等の担当者|市場動向・技術動向とビジネスチャンス
HOME よくある質問 受付ダイヤル:06-6363-3359
 
環境・新エネルギー セミナーCCS(CO2 回収・貯蔵) セミナー2011年11月 > CCSCO2の回収・貯蔵)技術と政策・事業の動向、展望
東京メガセミナー・資料請求センター
ウェブサイトによる お問い合わせ・資料請求は、技術テーマ別 オンラインお問い合わせをご利用ください。
技術テーマ別 オンラインお問い合わせ

※新規参入における企画・事業計画を担当されている方向けの情報を提供しております。実際に、新しい技術分野に参入する場合、市場動向や市場規模の数値データ、或いは、先行する企業の事例や課題(=技術の壁)、海外の成功例、失敗例があれば対応策を発見しやすくなります。事前に全体像を把握し、どこに課題があるのか推察できたなら、その部分にリソースを集中する事ができます。しかし現実には、実証実験を通した使える詳細なデータや図表などは、新しい技術分野ゆえに、見当たらないのが現実です。
そこで東京メガセミナー事務局では、新規参入に必要な情報として大型講演会を開催、技術課題を可能な限り網羅し、副資料(図表/データ/具体的な事例)の提供を開始致しました。海外進出をご担当のマーケティング担当者、海外コンサルティングファームでご活躍の方から、研究所・研究機関の技術者・研究者の方まで、高い評価を頂いております。講演会参加をご検討中の方、或いは海外にて出席できない方、資料不足でお悩みの方はぜひ、こちらから詳細資料(無料)をお申し込みください。

 
 
講演会タイトル
CCS(CO2の回収・貯蔵)技術と政策・事業の動向、展望
 
CCS(CO2の回収・貯蔵)技術と政策・事業の動向、展望
CO2分離回収や実験開始など、CCSに関する発表が増えています。
本セミナーでは事業性と必要技術、コストの実際について解説。CCS事業や関連部材、化学工業を始めとする製造業の方など、関心のあるすべての方にご参加いただけます。
■講演会の概要
日時: 2011年11月24日(木) 12:30〜16:45
会場: 東京・大田区蒲田 大田区産業プラザ(PiO) 6F C会議室
≪会場地図はこちら≫
※急ぎのご連絡は東京メガセミナー(株)(TEL06-6363-3372)まで!!
受講料:
(税込)
(税込)47,250円
 ⇒E-mail案内登録会員 44,800円(ネットからお申し込みの方、全員)
  
※資料付
上記価格より:
<2名で参加の場合1名につき7,350円割引
<3名で参加の場合1名につき10,500円割引>(同一法人に限ります)
講師: 第1部 国内外のCCS開発動向と政策の状況
≪12:30〜13:50>>

(独)産業技術総合研究所 招聘研究員 赤井 誠 氏
東京工業大学 特任教授
Board Director (取締役),Global Carbon Capture and Storage Institute

第2部 CO2膜分離技術のCCSへの利用
≪13:50〜15:10>>

山口大学 大学院理工学研究科 環境共生系学域 循環環境学分野 教授 
喜多 英敏 氏
【研究内容】
・膜による気体分離(地球温暖化ガスの分離、水素分離、空気分離など)及び液体分離(バイオマスアルコールの濃縮、有機液体混合物の浸透気化分離など)
・分子ふるい膜(ゼオライト膜や炭素膜)の創成とメンブレンリアクターへの応用

第3部 CCSプロジェクトの実際と普及に向けての技術・コスト課題
≪15:20〜16:45>>

日揮(株) 技術理事 国際事業本部アルジェリアプロジェクト部長 伊藤 文博 氏
1978年東京工業大学修士課程(化学工学専攻)修了、日揮(株)入社。入社後3年間アルジェリア、マレーシアの各天然ガスプラント建設現場に駐在。以後プロセスエンジニア、プロジェクトエンジニア、エンジニアリングマネージャー、プロジェクトマネジャーとして主に資源開発関連のプロジェクトに従事。
1997年からインサラーガスプロジェクトのプロジェクト責任者としてロンドン駐在。
2009年からIEA Green House Gas R&D ProgramのExecutive Committee MeetingのMember。

主催: サイエンス&テクノロジー株式会社
■講演会のプログラム内容
第1部 国内外のCCS開発動向と政策の状況
<趣旨>
 二酸化炭素の回収貯留(隔離)技術(CCS)は、火力発電所などの人為的排出源から排出されるCO2を分離回収、輸送し、地中や海洋等に長期的に貯蔵し大気から隔離することでCO2排出を抑制しつつ、化石燃料の利用を可能とする技術的オプションであり、2005年にIPCC(気候変動に関する政府間パネル)により発行された「二酸化炭素の回収貯留に関する特別報告書」によって、その科学的・技術的評価が確立したこともあって、ここ数年の間に国内外において政策課題としての位置づけに対する認識も高まり、一層の注目が集められるようになっている。本セミナーでは、CCSの最新動向や今後の課題等について解説する。


1.CCSとは

2.国内外における技術開発動向
 2.1 国内
 2.2 海外

3.IPCCにおける評価
 3.1 特別報告書
 3.2 インベントリガイドライン−CCSのアカウンティング

4.国内外における政策動向
 4.1 G8
 4.2 国際エネルギー機関(IEA)
 4.3 Global CCS Institute
 4.4 法規制枠組みの整備
  4.4.1 ロンドン条約および96年議定書
  4.4.2 国内法(海洋汚染防止法)
 4.5 Capture Ready施策

5.おわりに−今後のエネルギー政策とCCSの位置づけ

  □質疑応答・名刺交換□


第2部 CO2膜分離技術のCCSへの利用
<趣旨>
 気候変動への対応と低炭素社会の実現は、我が国が取り組むべき喫緊の重要課題である。
本講座では、CO2分離回収・貯蔵システムにおける膜分離システムの開発の現状について解説する。現在、CCSに適用可能なCO2膜および膜分離システムの研究開発が世界中で精力的におこなわれている。高性能な CO2分離膜の開発は温室効果ガスの削減に寄与するのみならず、世界規模の新市場の出現につながり、我が国の資源・エネルギー制約の克服と、新たな産業の創成、雇用の創出を可能にする「グリーンイノベーション」の先導として期待されている。

1.CO2分離回収・貯蔵システムと膜分離

2.膜分離技術の特徴

3.膜による気体分離

4.CO2の膜による分離について

5.有機高分子膜における新しい展開

6.無機膜による分子ふるい

7.促進輸送と液膜の進歩

8.まとめ

  □質疑応答・名刺交換□


第3部 CCSプロジェクトの実際と普及に向けての技術・コスト課題
<趣旨>
 陸上で世界発の商業規模CCSがアルジェリアのサハラ砂漠で実現し、2004年から継続的に年間約100万トンの炭酸ガスが地下2000メートルの砂岩層に貯留されている。このプロジェクトに計画段階から設計・調達・建設・試運転に関わった経験を踏まえ、CCS実際を紹介する。
 2000年以前から温暖化防止に欠かせない技術として重要性が提唱され、政府、民間、大学などから多数の関連団体が組成されて活動を続けているにもかかわらず、商業規模のプロジェクト普及が進まないのは何故か。CCS普及のための課題が多々あるが、技術及びコスト課題に焦点を当てて、ブレークスルーの可能性を解説する。


1.インサラーPJのCCS概要

2.CCSに必要な追加設備概要(発電向けとガス田・油田向けの工程の比較)

3.インサラーPJでCCSが実現できた背景

4.CCSの技術及びコスト課題

5.CCS需要の動向及び普及実現の可能性

  □質疑応答・名刺交換□

 
 
 
技術の相談窓口
技術分野毎の課題に対応する資料をお探しの方へ。
技術テーマ別 オンライン
東京メガ・資料請求 相談センター 06-6363-3359
 
TwitterPowered by 119
 
“新規事業担当者”の方へ
新規参入する上で、早目に、多くのファクター(糸口)を拾うことで、取り組むべき正確な課題を発見!リスク(落とし穴)を事前に把握し、無駄なリソースを削減できる。
情報収集と探索は、スピード+リソースをいかに削減するか、が課題です。その事業(技術)特有の必須要件を時間をかける事なく、短時間で集中把握したいとお考えの方へ。講演会による情報収集を有効活用して頂ければ幸いです。
ご案内の請求・停止
ご案内の請求
送付停止
送付先所在地変更
ご案内の請求
送信停止
送信先アドレス変更
個人情報保護方針について お問い合わせ メガセミナー社について