海水淡水化|最新市場における、膜技術,プラント例,海水淡水化,コスト,ポンプなどの事例,課題,問題,市場,動向など、セミナーでお届け致します。

メガセミナー・サービス 技術・研究・設計・開発・メンテナンス・企画・調査等の担当者|市場動向・技術動向とビジネスチャンス
HOME よくある質問 受付ダイヤル:06-6363-3359
 
環境・新エネルギー セミナー海水淡水化 セミナー2011年7月 > 海水淡水化の最新市場と技術の今後、期待できる新ビジネス
東京メガセミナー・資料請求センター
ウェブサイトによる お問い合わせ・資料請求は、技術テーマ別 オンラインお問い合わせをご利用ください。
技術テーマ別 オンラインお問い合わせ

※新規参入における企画・事業計画を担当されている方向けの情報を提供しております。実際に、新しい技術分野に参入する場合、市場動向や市場規模の数値データ、或いは、先行する企業の事例や課題(=技術の壁)、海外の成功例、失敗例があれば対応策を発見しやすくなります。事前に全体像を把握し、どこに課題があるのか推察できたなら、その部分にリソースを集中する事ができます。しかし現実には、実証実験を通した使える詳細なデータや図表などは、新しい技術分野ゆえに、見当たらないのが現実です。
そこで東京メガセミナー事務局では、新規参入に必要な情報として大型講演会を開催、技術課題を可能な限り網羅し、副資料(図表/データ/具体的な事例)の提供を開始致しました。海外進出をご担当のマーケティング担当者、海外コンサルティングファームでご活躍の方から、研究所・研究機関の技術者・研究者の方まで、高い評価を頂いております。講演会参加をご検討中の方、或いは海外にて出席できない方、資料不足でお悩みの方はぜひ、こちらから詳細資料(無料)をお申し込みください。

 
 
講演会タイトル
海水淡水化の最新市場と技術の今後、期待できる新ビジネス
    新興市場、膜技術、プラント例、コスト課題、ポンプの適用、
    淡水化事業における電力・環境負荷の低減、資源回収 etc.〜
 
海水淡水化の最新市場と技術の今後、期待できる新ビジネス
水ビジネスの状況は変化している…プラント納入だけではない、新ビジネスの機会を探る!!
■講演会の概要
日時: 2011年7月29日(金) 10:30〜16:00
会場: 東京・品川区大井町 きゅりあん 5F 第4講習室
≪会場地図はこちら≫
※急ぎのご連絡は(株)メガセミナー・サービス(TEL06-6363-3372)まで!!
受講料:
(税込)
(税込) 47,250円
 ⇒E-mail案内登録会員 44,800円(ネットからお申し込みの方、全員)
  
※資料・昼食付
上記価格より:
<2名で参加の場合1名につき7,350円割引
<3名で参加の場合1名につき10,500円割引>(同一法人に限ります)
講師: 第1部 海水淡水化の技術、プロジェクト、ビジネスの最新動向
    〜スマートデサリネーション(Smart Desalination)〜
≪10:30〜12:30>>

MHIソリューションテクノロジーズ(株) 横浜プラントエンジニアリング部 
芹澤 暁 氏

・三菱重工にて淡水化プラントのおよび環境関連の開発、設計およびプロジェクト業務に従事。
・中国(上海)にかん水脱塩プラント(1200m3/d)を1984年に輸出。
・サウジアラビア(ヤンブー)に海水淡水化プラント(128000m/d)の基本計画に従事し、1998年納入。(当時世界最大)
・アモルファス太陽光発電の製造プラントの建設および事業化の取りまとめ。

第2部 海水淡水化に使用されるポンプとその適用
≪13:15〜14:30>>

(株)酉島製作所 プロダクトマネージメント室
RO高圧ポンププロダクトマネジャー 原 貴司 氏

第3部 淡水化施設における排出高濃度海水からの有価資源物質の分離・回収
≪14:45〜16:00>>

佐賀大学 総合分析実験センター 機器分析部門 (工博)技術員 池田 進 氏

ダイヤモンドにホウ素などの不純物原子を微量溶かし込むことで金属様の導電性ダイヤモンドが得られる。これを電極材料に利用した技術開発。また、高濃度塩水から塩の製造および、塩やにがりの有効活用による食品開発についても活動を行っている。専門は機器分析、材料工学、電気化学、食品加工。

主催: サイエンス&テクノロジー株式会社
■講演会のプログラム内容
第1部 海水淡水化の技術、プロジェクト、ビジネスの最新動向
    〜スマートデサリネーション(Smart Desalination)〜
<趣旨>
 海水淡水化プラントは世界的な人口増加と経済発展の影響で需要は急増しており、今後も大きな成長が見込まれている。
  従来の主要な市場は中東およびアフリカの産油国が主体であったが、これらの国は2008年のリーマンショックに端を発したドバイショックより大きく後退した。その後、急回復したものの、成長市場であったアフリカ諸国はジャスミン革命の影響で混乱が続いており、サウジアラビア等の主要淡水化市場でも、その影響を見過ごせない情況となっている。一方、2005年頃より中国、インドといった新興経済国に大型プラントが設置され、新規に市場が形成されたが、濃縮水の排水規制等の環境問題等に直面している。
  現在の淡水化方式の主流は逆浸透法であるが、膜技術の改良により造水コストは年々、徐々に下がって来ており、また、膜前処理(UF/MF)、加圧浮上(DAF)といった前処理技術も普及しつつある。更に、膜を利用した新技術として正浸透淡水化、正浸透圧発電の開発も進行しており、これらの技術動向についても紹介する。
水ビジネスの状況も変わりつつあり、これまではプラントのハードの納入が主体であったが、最近は運転・管理を含めた事業全体を受注し、生産水を販売することにより利益を上げる水販売事業に比重が移ってきている。
  最後に、淡水化事業の今後の方向を決める要素として電力エネルギーおよび環境負荷の低減、漏水管理、水道料金の徴収といったものがクローズアップされているが、これらを統合したスマートデサリネーション(Smart Desalination)を提案する。


1.海水淡水化の必要性

2.海水淡水化市場の地域・国別特徴

3.中東市場の特色と今後の見通し

4.新興市場の出現と今後の見通し
  ・オーストラリア、中国、インド、シンガポール、イスラエル
  ・世界の大型逆浸透方法海水淡水化設備

5.各種海水淡水化技術の特徴と新しい膜技術
  ・海水淡水化の主要方式
  ・逆浸透法
  ・ハイブリッド法の特徴
  ・新しい膜技術(正浸透淡水化、正浸透圧発電)

6.ラービグ(Rabigh)海水淡水化プラントについて

7.シュケイク (Shuqaiq) 海水淡水化プラントについて

8.淡水化方式と造水コスト

9.海外および日本企業の動向と今後の見通し

10.コスト低減のポイント
  ・大型化による建設費の低減
  ・運転費用の一例
  ・電力費の低減による運転コスト低減
  ・膜以外の日本の技術

11.環境対策、自然エネルギー利用

12.海水淡水化ビジネスの問題点

13. スマートデサリネーションの提案
  ・マスダールエコシティ(アブダビ)〜脱石油を目論むエネルギー自立都市〜
  ・スマートグリッド(Smart Grid、次世代電力網)
  ・世界の主要各都市の漏水率
  ・スマートメーター
  ・スマートデサリネーション

  □質疑応答・名刺交換□


第2部 海水淡水化に使用されるポンプとその適用
<趣旨>
 海水淡水化プラントの心臓部にあたるポンプは、プラントを健全に運用するにあたり高い信頼性が要求される。そのため、海水淡水化プラントで使用されるポンプはその用途や目的に応じ最適な設計を行わなければならない。本講演では海水淡水化プラントに使用されるポンプの種類とその用途から最新の技術動向まで幅広く解説し、ポンプメーカの視点から見る海水淡水化プラントの世界について紹介する。

1.海水淡水化方式

2.海水淡水化プラントで使用されるポンプ

3.各種ポンプにおける技術ニーズ

4.海水淡水化プラント用ポンプの技術開発

5.海水淡水化プラント用ポンプの活用

6.海水淡水化プラント向けポンプ納入実績

  □質疑応答・名刺交換□


第3部 淡水化施設における排出高濃度海水からの有価資源物質の分離・回収
<趣旨>
 佐賀大学では海水資源や海洋エネルギーの先導的利用科学技術についての研究開発が行われている。特に、海水の温度差を利用した発電、発電の電力を利用した淡水(真水)や水素さらに、リチウムの分離・回収が進められている。一方、大型の淡水化施設(福岡地区水道企業団)から大量に排出されている高濃度海水から有価資源物質(塩、ハロゲン、リチウム、金属、希少金属等)の分離・回収技術。更に、環境負荷低減のためのゼロエミッション技術についても共同研究として取り組んでいる。講演では大型淡水化施設から排出する高濃度海水を利用した有価資源物質の分離・回収技術について、佐賀大学が勧めている研究について解説する。

1.はじめに

2.海洋資源について

3.海水の有価資源物質について

4.海水の総合利用プロセス

5.海水濃縮技術の現状

6.製塩技術
  6.1 従来の塩製造技術とその問題点
  6.2 高濃度塩水を使用した製塩法
  6.3 塩の核形成について
  6.4 晶析技術
  6.5 塩の味覚

7.にがりの有効利用
  7.1 電解ソーダ工業の現状
  7.2 電解用電極について
  7.3 海水の電解によるハロゲン回収技術
  7.4 臭素、塩素の選択的回収技術について

8.にがりから希少金属の分離・回収について
  8.1 マグネシウム溶融塩電解の現状
  8.2 リチウム溶融塩電解の現状
  8.3 にがりから金属や希少金属の分離・回収にビジネスチャンスはあるか?

  □質疑応答・名刺交換□

※予告なく講演内容が変更になる場合がございます。ご了承ください。

 
 
 
技術の相談窓口
技術分野毎の課題に対応する資料をお探しの方へ。
技術テーマ別 オンライン
東京メガ・資料請求 相談センター 06-6363-3359
 
TwitterPowered by 119
 
“新規事業担当者”の方へ
新規参入する上で、早目に、多くのファクター(糸口)を拾うことで、取り組むべき正確な課題を発見!リスク(落とし穴)を事前に把握し、無駄なリソースを削減できる。
情報収集と探索は、スピード+リソースをいかに削減するか、が課題です。その事業(技術)特有の必須要件を時間をかける事なく、短時間で集中把握したいとお考えの方へ。講演会による情報収集を有効活用して頂ければ幸いです。
ご案内の請求・停止
ご案内の請求
送付停止
送付先所在地変更
ご案内の請求
送信停止
送信先アドレス変更
個人情報保護方針について お問い合わせ メガセミナー社について