植物工場システム|薬用植物栽培における、漢方原材料,閉鎖型,植物工場,太陽光型,付加価値などの事例,課題,問題,市場,動向など、セミナーでお届け致します。

メガセミナー・サービス 技術・研究・設計・開発・メンテナンス・企画・調査等の担当者|市場動向・技術動向とビジネスチャンス
HOME よくある質問 受付ダイヤル:06-6363-3359
 
環境・新エネルギー セミナー植物工場 セミナー2011年2月 > 植物工場システムを用いた薬用植物栽培ビジネスへの参入余地
画像_郵送パンフレットを補足するセミナー情報
 
東京メガセミナー・資料請求センター
ウェブサイトによる お問い合わせ・資料請求は、技術テーマ別 オンラインお問い合わせをご利用ください。
技術テーマ別 オンラインお問い合わせ

※新規参入における企画・事業計画を担当されている方向けの情報を提供しております。実際に、新しい技術分野に参入する場合、市場動向や市場規模の数値データ、或いは、先行する企業の事例や課題(=技術の壁)、海外の成功例、失敗例があれば対応策を発見しやすくなります。事前に全体像を把握し、どこに課題があるのか推察できたなら、その部分にリソースを集中する事ができます。しかし現実には、実証実験を通した使える詳細なデータや図表などは、新しい技術分野ゆえに、見当たらないのが現実です。
そこで東京メガセミナー事務局では、新規参入に必要な情報として大型講演会を開催、技術課題を可能な限り網羅し、副資料(図表/データ/具体的な事例)の提供を開始致しました。海外進出をご担当のマーケティング担当者、海外コンサルティングファームでご活躍の方から、研究所・研究機関の技術者・研究者の方まで、高い評価を頂いております。講演会参加をご検討中の方、或いは海外にて出席できない方、資料不足でお悩みの方はぜひ、こちらから詳細資料(無料)をお申し込みください。

 
  【漢方原材料の高騰に商機あり!?】
  植物工場システムを用いた薬用植物栽培ビジネスへの参入余地
   〜 薬用植物価格動向からその栽培技術まで 〜
 
植物工場システムを用いた薬用植物栽培ビジネスへの参入余地
世界的な需要増、採取国中国の輸出制限等による価格高騰の薬用植物栽培にチャンスあり!?
薬用植物価格の動向から植物工場システムを用いた漢方原材料の最新栽培技術までを徹底解説!!
■講演会の概要
日時: 2011年2月24日(木) 10:30〜16:20
会場: 東京・千代田区駿河台 総評会館 4階 404会議室
≪会場地図はこちら≫
※急ぎのご連絡は(株)メガセミナー・サービス(TEL06-6363-3372)まで!!
受講料:
(税込)
(税込) 47,250円
 ⇒E-mail案内登録会員 44,800円(ネットからお申し込みの方、全員)
  
※資料・昼食付
上記価格より:
<2名で参加の場合1名につき7,350円割引
<3名で参加の場合1名につき10,500円割引>(同一法人に限ります)
講師: 第1部 費用対効果から考える植物工場で栽培可能な高付加価値農産物
≪10:30〜11:50>>

千葉大学 環境健康フィールド科学センター 機能性植物生産学寄附研究部門 客員教授 NPO植物工場研究会 理事長 古在 豊樹 氏

第2部 漢方薬産業の動向と、原料である薬用植物の需給動向
≪12:30〜13:30>>

(株)野村総合研究所 サービス事業コンサルティング部 副主任コンサルタント 
森田 哲明 氏

第3部 植物工場における薬用植物など付加価値の高い植物生産への挑戦
≪13:40〜14:50>>

鹿島建設(株) エンジニアリング本部 生産・研究施設 第3グループ 次長 
澤田 裕樹 氏

第4部 光による薬用植物の体内成分調節技術
≪15:05〜16:20>>

玉川大学 農学部 教授 博士(農学) 渡邊 博之 氏

主催: サイエンス&テクノロジー株式会社
■講演会のプログラム内容
第1部 費用対効果から考える植物工場で栽培可能な高付加価値農産物
<趣旨>
 植物工場ビジネスは、生産対象植物とその商品またはサービス形態を明確にした上で、
費用対効果が最大になるように設計、運営され、また継続的に改善されなかればならない。
 本講座では、初期デザイン、エネルギー・物質収支、経営収支の面から述べる。合わせて、世界の植物工場の研究開発動向を述べる。


1.なぜ植物工場か?

2.わが国の普及状況

3.世界の研究開発動向

4.閉鎖型(人工光)植物工場および半閉鎖型(太陽光)植物工場

5.植物工場の対象植物と経営収支に関わる主要因

6.人工光型に適する植物

7.太陽光型に適する植物

8.機能性植物・薬用植物生産に関する考え方

9.今後の動向

10.結論

 □ 質疑応答 □


第2部 漢方薬産業の動向と、原料である薬用植物の需給動向
<趣旨>
 日本でも古くから知られている漢方医学は、中国から伝わった伝統医学が日本独自で発展した日本の伝統医学である。現在までも漢方薬は生活者に活用されてきているが、今後、さらなる活用を期待できる。ただし、漢方薬の活用が増加した際には原料である薬用植物の確保が重要となる。
 本セミナーでは、
漢方薬産業の現状および今後の動向、および原料である薬用植物の需給動向等についてご紹介する。

1.漢方薬産業の概況
 1-1 市場規模
 1-2 漢方薬メーカー
 1-3 今後の漢方薬市場規模の見通し

2.漢方薬産業における構造変化
 2-1 薬事法改正による新しい販売チャネルの出現
 2-2 健康やセルフメディケーションに対する意識の高まり
 2-3 WHOによる伝統医学の国際化
 2-4 周辺市場への進出
 2-5 中国原料依存による原料問題

3.原料である薬用植物の需給動向
 3-1 日本における需給動向(生産、輸入、消費)
 3-2 日本における、原料問題に対する取り組み事例

 □ 質疑応答 □

※ 第2部の講演項目は事前に変更する可能性がございますので、ご了承下さい。


第3部 植物工場における薬用植物など付加価値の高い植物生産への挑戦
<趣旨>
 植物工場における、遺伝子組換え植物を利用した医薬品原料等の高付加価値物質の生産と薬用植物等の
高付加価値作物の栽培について、鹿島建設の取り組みを紹介する。

1.植物工場分野における鹿島建設の取り組み
 1-1 実績紹介
 1-2 保有技術紹介

2.付加価値の高い植物生産への取組み
 2-1 遺伝子組換え植物による医薬品原料等高付加価値物質の生産
 2-2 薬用植物等の高付加価値作物の栽培

 □ 質疑応答 □


第4部 光による薬用植物の体内成分調節技術

1.人工光利用型植物工場

2.植物栽培光源としてのLEDの特徴

3.ハーブ、薬用植物のLED栽培と体内成分の変化

4.玉川大学LED植物工場研究施設


※講演順序・プログラムは変更となる場合がございます。予めご了承ください。
 
 
 
技術の相談窓口
技術分野毎の課題に対応する資料をお探しの方へ。
技術テーマ別 オンライン
東京メガ・資料請求 相談センター 06-6363-3359
 
TwitterPowered by 119
 
“新規事業担当者”の方へ
新規参入する上で、早目に、多くのファクター(糸口)を拾うことで、取り組むべき正確な課題を発見!リスク(落とし穴)を事前に把握し、無駄なリソースを削減できる。
情報収集と探索は、スピード+リソースをいかに削減するか、が課題です。その事業(技術)特有の必須要件を時間をかける事なく、短時間で集中把握したいとお考えの方へ。講演会による情報収集を有効活用して頂ければ幸いです。
ご案内の請求・停止
ご案内の請求
送付停止
送付先所在地変更
ご案内の請求
送信停止
送信先アドレス変更
個人情報保護方針について お問い合わせ メガセミナー社について