次世代リチウムイオン電池|セミナー,リチウムイオン電池,構成材料,技術動向,コスト,正極材,負極材,電池,バッテリーパワーマネジメント,NAS電池,市場動向

メガセミナー・サービス 技術・研究・設計・開発・メンテナンス・企画・調査等の担当者|市場動向・技術動向とビジネスチャンス
HOME よくある質問 受付ダイヤル:06-6363-3359
 
環境・新エネルギー セミナー>メガトレンドセミナー2011年4月 大型リチウムイオン電池及び構成材料・関連商品における市場動向とビジネスチャンス
 

  +画像をクリックすると拡大+

主催: (株)メガセミナー・サービス
共催: (株)エヌ・ティー・エス
(株)サイエンス&テクノロジー
本格化するリチウムイオン電池の開発競争!次世代構成材料・次世代電池がどのタイミングで市場に導入されるのか?(ポストリチウムイオンの本命は?)。
電池、構成材料、次世代電池という視点から、各国の主要メーカーの戦略をはじめ、最新の開発動向から課題の克服となる情報を詳説します。


本セミナーでは、1日目は、Li電池・関連商品(EV・HEV・PHEV)の市場動向、2日目は、次世代構成材料の開発動向、3日目は、リチウムイオン電池(大型)の設計・製造の基礎技術を解説頂きます。技術の課題克服を目指す方、リチウムイオン電池の全般的な分野における新規参入をご検討中の担当者様へ、その全貌と戦略を詳しく解説致します。※名刺交換も可能。


 ※単独の講座お申込みも受け付けておりますので、ぜひお問い合わせ下さい。
 ※先着順にての締め切りとなりますので、ご予約はお早めにお願い申し上げます。



講義内容に関する疑問、質問等がありましたら、お電話にてご連絡頂きますと、詳細内容の説明を致しますので、どうぞ遠慮なく、お問い合わせ下さい。
直通ダイヤル:06−6363−3359(代表:橋本)

 
プログラムの日程と、特徴について
本格化するリチウムイオン電池の開発競争!次世代構成材料・次世代電池がどのタイミングで市場に導入されるのか?(ポストリチウムイオンの本命は?)電池、構成材料、次世代電池という視点から、各国の主要メーカーの戦略をはじめ、最新の開発動向から課題の克服となる情報を詳説します。 

第一日目、 「大型リチウムイオン電池及び構成材料・関連商品(EV・HEV・PHEV,蓄電システム,他)における市場動向とビジネスチャンス」では、大型リチウムイオン電池の性能向上、価格低下が、いつ、どの時期に実現され、いかに市場が展開されるのか!?また、次世代構成材料・次世代電池がどのタイミングで市場に導入されるのか?大型リチウムイオン電池 及び構成材料・関連商品(EV・HEV・PHEV、蓄電システム、他)における市場データ・トレンドを分析し、これからの技術開発の目の付け所、ビジネスチャンスと注目される車載用・蓄電用大型リチウムイオン電池の開発動向・要求特性・展望について詳説頂きます。

第二日目、 「次世代大型リチウムイオン電池構成材料の開発動向とビジネスチャンス」では、容量、出力、コスト、安全性、寿命等競争要因があるが、どの材料に、どんな課題があり、どこにビジネスチャンスがあるのか!? 又、注目される次世代材料とその特徴は!?大型リチウムイオン電池の構成材料に焦点を当て、その性能・安全性・寿命からみたこれからの技術開発のポイント・ビジネスチャンスと、正極材料・負極材料・電解液・セパレーターにおける次世代電池材料を含めた最新技術に至るまで、斯界の第一線でご活躍中の講師陣に詳説頂きます。

第三日目、「リチウムイオン(大型)電池における設計・製造の基礎知識」では、設計・製造で核となる技術・プロセスとは? 又、設計・製造側から、いかに高品質化(高エネルギー密度化・長寿命化)を実現するか?大型リチウムイオン電池 関連ビジネスに新規参入を考えていらっしゃる方、及び大型リチウムイオン電池の開発・設計・製造 等に携わられている方を対象に、大型リチウムイオン電池の原理・構造・特性を始め、設計・製造の具体的手順、又、海外の最新動向に至るまで、押さえておきたい基本事項と総合的な知識について、基本的設計法を体系的に確認していきます。 ※専門外、異業種からの参加の方にもわかりやすく解説致します。最新技術の課題克服を目指す方、リチウムイオン電池の全般的な分野における新規参入をご検討中の担当者様には、欠かせない内容として全3日間,約14時間(参加講師11名)に渡り集中講義します。

 
6月:プログラムの開催日程
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
23
24
1.大型リチウムイオン電池 及び関連商品の市場動向とビジネスチャンス
    〜これから市場参入するにはどこが狙い目なのか?〜
10:00-12:00
 大型リチウムイオン電池 及び関連商品の市場動向とビジネスチャンス
   〜これから市場参入するにはどこが狙い目なのか?〜
2.大型リチウムイオン電池 関連商品(EV・HEV・PHEV、蓄電システム)の
  開発動向とビジネスチャンス
    〜これからの技術開発の目の付け所は、どこなのか?〜
13:00-14:15
 EV・HEV・PHEV開発からみた駆動用リチウムイオン電池
 技術動向と展望
【車載用1】【競合技術の動向】【普及シナリオ】
14:15-15:30
 車載用 リチウムイオン電池の開発動向と展望
【車載用2】【安全性】【寿命改善】
15:30-17:00
 電力貯蔵用 リチウムイオン電池の開発動向と展望
【電力貯蔵用】【太陽光/リチウム蓄電システム】

U.次世代大型リチウムイオン電池構成材料の開発動向とビジネスチャンス

〜安全性,高出力,高容量化,耐熱性,急速充放電,サイクル性,低コスト化〜

6月 21日(火)
1.大型リチウムイオン電池 構成材料の特性評価次世代材料の開発動向
    〜現行材料 VS 次世代材料の比較と特性評価
9:30-10:45
 大型リチウムイオン電池 構成材料の特性評価と次世代材料の開発動向
   〜現行材料 VS 次世代材料の比較と特性評価
2.大型リチウムイオン電池 構成材料の開発動向とビジネスチャンス
    〜どの材料にどんな課題があり、どこにビジネスチャンスがあるのか?〜
10:45-12:00
 大型リチウムイオン電池 用 正極材料の開発動向と展望
  〜低コストで安定供給でき、高出力・寿命改善できる
   材料とは〜
【正極材料】【実用化への課題】
13:00-14:15
 大型リチウムイオン二次電池 用 負極材の
 開発動向と展望
【負極材料】【新規チタン酸負極材料】
14:15-15:30
 大型リチウムイオン電池 用 電解液の開発動向と展望
  〜今、使われている(小型)リチウムイオン電池と同程度の
   安全性を実現できる(燃えにくい)電解液を
   開発するには〜
【電解液】【添加剤】
15:30-16:45
 大型リチウムイオン電池 用 セパレーターの最新動向と展望
  〜高耐熱性、高耐薬品性に優れた
   セパレーターとは〜
【セパレーター】【ナノファイバー】

V.リチウムイオン(大型)電池における設計・製造の基礎知識

〜押さえておきたい電池の特性・構造から、設計・製造の具体的手順、ノウハウまで〜

6月 22日(水)
1.大型リチウムイオン電池特性と開発動向
    〜押さえておきたい原理構造 等 基礎知識とは〜
13:30-14:30
 大型リチウムイオン電池特性と開発動向
  〜押さえておきたい原理・構造等基礎知識とは〜
【特性・構造】
2.大型リチウムイオン電池設計製造
    〜設計製造具体的手順とノウハウについて〜
14:30-16:00
 大型リチウムイオン電池設計製造
  〜設計製造具体的手順とノウハウについて〜
【設計手順】【製造手順】
3.各国のリチウムイオン電池 市場動向と展望
    〜アメリカ、ドイツ、中国、韓国、台湾、他〜
16:00-16:30
 各国のリチウムイオン電池 市場動向と展望
  〜アメリカ、ドイツ、中国、韓国、台湾、他〜

お申込み、ご検討中の方へ

本年度のリチウムイオン電池における大型講演会は、6月で最後となります。
何卒、宜しくお願い致します。


資料が必要な方は、こちらからお入り下さい。>郵送資料【無料】

※講義内容毎に、詳細プログラムをご郵送しておりますが、お手元にない場合にはこちらからお取り寄せ頂けます。
 
 
個人情報保護方針について お問い合わせ メガセミナー社について