電極 リチウムイオン電池|セミナー,負極材料,正極材料,導電性カーボンブラック,構成材料,,構成材料,負極,正極,寿命,セミナー

メガセミナー・サービス 技術・研究・設計・開発・メンテナンス・企画・調査等の担当者|市場動向・技術動向とビジネスチャンス
HOME よくある質問 受付ダイヤル:06-6363-3359
 
環境・新エネルギー セミナー環境新エネルギーセミナー2011年6月 リチウムイオン(大型)電池における設計製造の基礎知識
リチウムイオン電池における関連資料のお問い合わせ 東京メガセミナー・資料・テキスト請求のお問い合わせ
東京メガセミナー・過去セミナーの資料、テキストをお探しの方へ
リチウムイオン電池
の市場・技術の詳細資料、他
リチウムイオン電池における関連資料のお問い合わせ
 
―専門外・異業種の方を対象に―
講演会タイトル
V. リチウムイオン(大型)電池における設計・製造の基礎知識
    〜 押さえておきたい電池の特性・構造から、
            設計・製造の具体的手順、ノウハウまで 〜
2011年6月22日(水)
東京・芝公園・機械振興会館 会議室 B 3 − 6 室
1.大型リチウムイオン電池特性開発動向
    〜押さえておきたい原理・構造 等 基礎知識とは〜
13:30-14:30
 大型リチウムイオン電池の特性と開発動向
   〜押さえておきたい原理・構造等基礎知識とは〜
【特性・構造】
2.大型リチウムイオン電池設計製造
    〜設計・製造の具体的手順とノウハウについて〜
14:30-16:00
 大型リチウムイオン電池設計製造
   〜設計・製造の具体的手順と
    ノウハウについて〜
【設計手順】【製造手順】
3.各国のリチウムイオン電池 市場動向と展望
    〜アメリカ、ドイツ、中国、韓国、台湾、他〜
16:00-16:30
 各国のリチウムイオン電池 市場動向と展望
   〜アメリカ、ドイツ、中国、韓国、台湾、他〜
 
C:コーディネータ S:スピーカ (敬称略)
 
リチウムイオン(大型)電池における設計・製造の基礎知識
大型リチウムイオン電池の原理・構造・特性 等から設計・製造プロセスの全体像をわかりやすく詳説!!
設計・製造で核となる技術・プロセスとは? 又、設計・製造側から、いかに高品質化(高エネルギー密度化・長寿命化)を実現するか?
本セミナーでは・・・
大型リチウムイオン電池関連ビジネスに新規参入を考えていらっしゃる方、及び大型リチウムイオン電池の開発・設計・製造 等に携わられている方を対象に、大型リチウムイオン電池の原理・構造・特性を始め、設計・製造の具体的手順、又、海外の最新動向に至るまで、押さえておきたい基本事項と総合的な知識について、斯界の第一線でご活躍中の小澤講師に詳説頂きます。
1.大型リチウムイオン電池の特性と開発動向
   〜押さえておきたい原理・構造等基礎知識とは〜
1.大型リチウムイオン電池の特性と開発動向
    〜押さえておきたい原理・構造等基礎知識とは〜
13:30-14:30
(1)大型リチウムイオン電池原理構造特徴 
  1)現在流通及び開発中の二次電池の特徴  
    〜鉛蓄電池、ニッケル−カドミウム電池、ニッケル−水素電池、NAS電池〜 
  2)大型リチウムイオン電池の原理とメカニズム 
  3)大型リチウムイオン電池の特徴 
    〜エネルギー密度、出力密度、平均稼働電圧、充放電サイクル、自己放電、他〜
(2)大型リチウムイオン電池種類特徴
  1)エネルギー系 リチウムイオン電池
  2)パワー系 リチウムイオン電池
(3)大型リチウムイオン電池開発動向
  1)大型リチウムイオン電池に求められる性能
    〜高エネルギー密度、高入出力密度、長寿命、高温・低温特性、軽量・
     コンパクト(セル・モジュール)、安全性、コスト、環境負荷特性〜
  2)最近の開発動向
(4)大型リチウムイオン電池アプリケーション開発動向
  1)電気自動車 関連
    〜EV、HEV、PHEV〜
  2)電力貯蔵システム
  3)その他(電気自転車、電気スクーター、電動工具、鉄道車両等)
小澤 浩典氏   エナックス滑C外営業部部長 博士(工学)
 
2.大型リチウムイオン電池の設計・製造法
   〜設計・製造の具体的手順とノウハウについて〜
2.大型リチウムイオン電池の設計・製造法
    〜設計・製造の具体的手順とノウハウについて〜
14:30-16:00
(1)大型リチウムイオン電池構造
(2)大型リチウムイオン電池設計 法  
  〜高性能化(安全、長寿命、高エネルギー、密度)を実現する設計のポイントとは〜
  1)大型リチウムイオン電池 設計製造の留意点
    ・電池容量と安全性について
    ・エネルギー密度とパワー特性について
    ・電池容量とハイレート放電 特性について
    ・電池容量と入出力密度について
    ・セル構造と放熱性について
    ・モジュールパック
  2)大型リチウムイオン電池設計
    ・大型リチウムイオン電池 設計の手順
    ・大型リチウムイオン電池における電極 設計のポイント
     〜構成材料の特徴と選定(正極材料、負極材料、電解液、セパレータ)・
      セル構造と材料の最適化について〜
    ・大型 リチウムイオン電池の安全設計のポイント
     〜試験方法(過充電試験、圧壊試験等)、高容量化と安全性の両立、
      バッテリーパック、BMS(バッテリマネジメントシステム)〜
(3)大型リチウムイオン電池製造 法  
  〜小型に比べて格段に難しいとされる製造ノウハウとは!?〜
  1)大型リチウムイオン電池構造製造システム
    ・缶タイプとラミネートタイプの比較
    ・小型リチウムイオン電池 製造との違い
  2)大型リチウムイオン電池 製造の手順とそのポイント
   ・電極製造プロセス
    〜粉混合、スラリー混合、塗布、プレス、スリット〜
   ・組立て製造プロセス
    〜電極組立、電解液注入、密封、充電/放電、モジュール化、パック〜
小澤 浩典氏   エナックス滑C外営業部部長 博士(工学)
 
3.各国のリチウムイオン電池市場動向と展望
   〜アメリカ、ドイツ、中国、韓国、台湾、他〜
3.各国のリチウムイオン電池市場動向と展望
    〜アメリカ、ドイツ、中国、韓国、台湾、他〜
16:00-16:30
(1)各国 リチウムイオン電池 政策
(2)主要 リチウムイオン電池 メーカー動向
  〜A123(アメリカ)、リーテック(ドイツ)、BYD(中国)、サムスン電子(韓国)、他〜
小澤 浩典氏   エナックス滑C外営業部部長 博士(工学)
 
 
 
 
技術の相談窓口
技術分野毎の課題に対応する資料をお探しの方へ。
技術テーマ別 オンライン
東京メガ・資料請求 相談センター 06-6363-3359
 
TwitterPowered by 119
 
“新規事業担当者”の方へ
新規参入する上で、早目に、多くのファクター(糸口)を拾うことで、取り組むべき正確な課題を発見!リスク(落とし穴)を事前に把握し、無駄なリソースを削減できる。
情報収集と探索は、スピード+リソースをいかに削減するか、が課題です。その事業(技術)特有の必須要件を時間をかける事なく、短時間で集中把握したいとお考えの方へ。講演会による情報収集を有効活用して頂ければ幸いです。
ご案内の請求・停止
ご案内の請求
送付停止
送付先所在地変更
ご案内の請求
送信停止
送信先アドレス変更
個人情報保護方針について お問い合わせ メガセミナー社について