電極 リチウムイオン電池|セミナー,負極材料,正極材料,導電性カーボンブラック,構成材料,,構成材料,負極,正極,寿命,セミナー

メガセミナー・サービス 技術・研究・設計・開発・メンテナンス・企画・調査等の担当者|市場動向・技術動向とビジネスチャンス
HOME よくある質問 受付ダイヤル:06-6363-3359
 
環境・新エネルギー セミナー環境新エネルギーセミナー2011年6月 大型リチウムイオン電池及び構成材料関連商品(EV・HEV・PHEV,蓄電システム,他)…
リチウムイオン電池における関連資料のお問い合わせ 東京メガセミナー・資料・テキスト請求のお問い合わせ
東京メガセミナー・過去セミナーの資料、テキストをお探しの方へ
リチウムイオン電池
の市場・技術の詳細資料、他
リチウムイオン電池における関連資料のお問い合わせ
 
講演会タイトル
T.大型リチウムイオン電池及び構成材料・
    関連商品(EV・HEV・PHEV,蓄電システム,他)
       における市場動向とビジネスチャンス
2011年6月20日(月)
東京・芝公園・機械振興会館 会議室 B 3 − 1 室
1.大型リチウムイオン電池 及び関連商品の市場動向とビジネスチャンス
    〜これから市場参入するにはどこが狙い目なのか?〜
10:00-12:00
 大型リチウムイオン電池 及び関連商品の市場動向とビジネスチャンス
   〜これから市場参入するにはどこが狙い目なのか?〜
2.大型リチウムイオン電池 関連商品(EVHEVPHEV蓄電システム)の
  開発動向とビジネスチャンス
    〜これからの技術開発の目の付け所は、どこなのか?〜
13:00-14:15
 EVHEVPHEV開発からみた駆動用 リチウムイオン電池
 技術動向と展望
【車載用1】【競合技術の動向】【普及シナリオ】
14:15-15:30
 車載用 リチウムイオン電池開発動向と展望
   〜安全性、高性能化、低コスト化の今後の見通し〜

        【車載用2】【安全性】【寿命改善】
15:30-17:00
 電力貯蔵用 リチウムイオン電池開発動向と展望
        【電力貯蔵用】【太陽光/リチウム蓄電システム】
C:コーディネータ S:スピーカ (敬称略)
 
大型リチウムイオン電池及び構成材料・関連商品(EV・HEV・PHEV,蓄電システム,他)
脚光を浴びる大型 リチウムイオン電池 及び構成材料・関連商品(EV・HEV・PHEV、蓄電システム、他)の市場トレンドとビジネスチャンスを探る!!
大型リチウムイオン電池の性能向上、価格低下が、いつ、どの時期に実現され、いかに市場が展開されるのか!?また、次世代構成材料・次世代電池がどのタイミングで市場に導入されるのか?
本セミナーでは・・・
大型リチウムイオン電池及び構成材料・関連商品(EV・HEV・PHEV、蓄電システム、他)における市場データ・トレンドを分析し、これからの技術開発の目の付け所、ビジネスチャンスと注目される車載用・蓄電用大型リチウムイオン電池の開発動向・要求特性・展望について、斯界の第一線でご活躍されていらっしゃる講師陣に詳説頂きます。
1.大型リチウムイオン電池及び関連商品の市場動向とビジネスチャンス
   〜これから市場参入するにはどこが狙い目なのか?〜
1.大型リチウムイオン電池及び関連商品の市場動向とビジネスチャンス
10:00-12:00
(1)二次電池市場動向大型リチウムイオン電池 市場の見通し
  1)大容量電力貯蔵システムの各技術の特性比較
    ・既存二次電池の特性
     〜鉛電池,ニカド電池,ニッケル水素電池,NAS電池〜
    ・リチウムイオン電池の特性
    ・電池二重層キャパシタの特性
    ・ハイブリットキャパシタ(リチウムイオンキャパシタ等)の種類と特性
  2)二次電池及びキャパシタの市場動向と今後の予測・市場の構造とその特性
    ・既存技術の市場動向
     〜ニッケル水素電池,ニッカド電池,EDLC,鉛電池,他〜
    ・新規技術の市場予測
     〜リチウムイオン電池,リチウムイオンキャパシタ〜
  3)大型リチウムイオン電池市場動向の今後の見通し
(2)大型リチウムイオン電池における関連商品の市場動向と今後の見通し
  〜主な開発企業の現状と課題(安全性問題等)・実用化目処等〜
  1)スマートグリットの動向と蓄電システムの需要について
    〜 自然エネルギーの蓄電分野,新交通システムの動力源 〜
  2)EV・HEV・PHEV及び電力貯蔵システム,分散型電源補助装置の
    市場動向と今後の見通し
(3)大型リチウムイオン電池及び関連商品のビジネスチャンスについて
湯木 将生氏   三菱UFJキャピタル(株)投資調査部次長
 
2.大型リチウムイオン電池関連商品(EV・HEV・PHEV、蓄電システム)の
  開発動向とビジネスチャンス
   〜これからの技術開発の目の付け所は、どこなのか?〜
2-1.EV・HEV・PHEV開発からみた駆動用リチウムイオン電池の
    技術動向と展望
13:00-14:15
(1)自動車のおかれた環境と電動車両EVHEVPHEVFCV)の位置づけ
  ・電動車両の形態毎の省エネ原理
  ・ライフサイクルコスト
  ・電動車両の形態毎のシステム構成と電池
  ・モータ容量の関係
   〜PHEVはEVかHEVか?〜
(2)PHEVの意図するものは?
  ・脱石油の仕組みと日・欧・米の視点の違い(EVかHEVか?)
  ・スマートグリッドは救世主か?
  ・実用効率の評価法から見える,期待されるPHEVの仕様
(3)電動車両駆動用 リチウムイオン電池に求められる要求性能
  ・エネルギー/パワー密度、寿命、安全性、コスト他
  ・ライフサイクルコストを左右する要素と電池の実力
  ・駆動用電池の現状・課題と研究の動向
  ・キャパシタ 等,競合技術の動向
(4)普及促進に期待される周辺技術(電池利用技術)
  ・利便性か電池のお助けマンか?(普及の決め手は電池の生涯コスト)
  ・電池交換システムの得失と課題
  ・非接触充電システムの得失と課題
  ・省エネ社会から見たあるべき交通体系と各電動車両の役割,電池のあるべき姿
清水 健一氏    (独)産業技術総合研究所エネルギー技術研究部門客員研究員
           博士(工学)
 
2-2.車載用リチウムイオン電池の開発動向と展望
    〜安全性、高性能化、低コスト化の今後の見通し〜
14:15-15:30
(1)車載用 リチウムイオン電池の特性
 〜電動車両用(HEV用・PHEV用・EV用)、電力貯蔵用、他〜
(2)車載用 リチウムイオン電池に求められる性能とその具体策
 ・高入出力密度と高エネルギー密度の両立
 ・長寿命化
 ・安全性の確保
 ・バッテリーマネジメント
(3)車載用 リチウムイオン開発動向と今後の量産化の見通し
 ・車載用リチウムイオン電池の開発動向
  1)出力密度及びエネルギー密度の現状と今後の見通し
  2)入力密度及びエネルギー密度の現状と今後の見通し
  3)サイクル寿命と安全性について
 ・車載用リチウムイオン電池 量産化の見通し
  〜性能、価格、市場からみた予測〜
(4)車載用 リチウムイオン電池 量産化に伴う技術開発の展望
 〜電池を利用する側からみた要求品質について〜
小池 哲夫氏   電動車両技術開発椛纒\取締役 (兼)エナックス(株)顧問
 
2-3.電力貯蔵用リチウムイオン電池の開発動向と展望
15:30-17:00
(1)電力貯蔵用 蓄電システム開発動向
  ・電力貯蔵用 蓄電システムのニーズ
  ・電力貯蔵用蓄電システムに求められる要件
   1)性能
   2)経済性/運用性
   3)設置性
   4)信頼性/安全性
   5)対環境性
(2)電力貯蔵用 二次電池比較
  ・電力貯蔵用 リチウムイオン電池の開発動向
  ・電力貯蔵用 リチウムイオン電池の最新動向
  ・電力貯蔵用 リチウムイオン電池の安全対策
  ・電力貯蔵用 リチウムイオン電池 の経済性
(3)電力貯蔵用 リチウムイオン電池応用
  ・蓄電システム
  ・再生可能エネルギー 補助電源
  ・太陽光発電向け リチウムイオン電池電力貯蔵システム構築のポイント
   1)セル設計(電気的特性、充放電特性)のポイント
   2)電池の改良・開発のポイント
   3)太陽光発電とリチウムイオン電池電力貯蔵システム組合せのポイント
(4)今後の課題と展望
  〜組電池制御技術確立、デバイスの大容量化〜
関 勝男氏   Vic’s代表 (元)NECトーキン(株)執行役員常務・営業本部長
 
 
 
 
技術の相談窓口
技術分野毎の課題に対応する資料をお探しの方へ。
技術テーマ別 オンライン
東京メガ・資料請求 相談センター 06-6363-3359
 
TwitterPowered by 119
 
“新規事業担当者”の方へ
新規参入する上で、早目に、多くのファクター(糸口)を拾うことで、取り組むべき正確な課題を発見!リスク(落とし穴)を事前に把握し、無駄なリソースを削減できる。
情報収集と探索は、スピード+リソースをいかに削減するか、が課題です。その事業(技術)特有の必須要件を時間をかける事なく、短時間で集中把握したいとお考えの方へ。講演会による情報収集を有効活用して頂ければ幸いです。
ご案内の請求・停止
ご案内の請求
送付停止
送付先所在地変更
ご案内の請求
送信停止
送信先アドレス変更
個人情報保護方針について お問い合わせ メガセミナー社について