レアアースレス|高出力モータにおける、永久磁石,脱レアアース,レアアースレス,希土類磁石,Dyフリーなどの事例,課題,問題,市場,動向など、セミナーでお届け致します。

メガセミナー・サービス 技術・研究・設計・開発・メンテナンス・企画・調査等の担当者|市場動向・技術動向とビジネスチャンス
HOME よくある質問 受付ダイヤル:06-6363-3359
 
環境・新エネルギー セミナーレアアースレスモーター セミナー2011年1月 > レアアースレス高出力モータ/永久磁石の開発と技術動向
東京メガセミナー・資料・テキスト請求のお問い合わせ 東京メガセミナー・資料・テキスト請求のお問い合わせ
東京メガセミナー・過去セミナーの資料、テキストをお探しの方へ
関連セミナーにおける
市場・技術の詳細資料、他
東京メガセミナー・資料・テキスト請求のお問い合わせ
 
レアアースレス高出力モータ/永久磁石の開発と技術動向
 
レアアースレス高出力モータ/永久磁石の開発と技術動向
資源問題に揺れる今、省レアアース技術は必須。 新材料の開発・構造の改変による省レアアース技術を探る!
■講演会の概要
日時: 2011年1月17日(月) 10:00〜16:15
会場: 東京・江東区亀戸 商工情報センター(カメリアプラザ) 9F 第2研修室
≪会場地図はこちら≫
※急ぎのご連絡は(株)メガセミナー・サービス(TEL06-6363-3372)まで!!
受講料:
(税込)
(税込) 47,250円
 ⇒E-mail案内登録会員 44,800円(ネットからお申し込みの方、全員)
  
※資料・昼食付
上記価格より:
<2名で参加の場合1名につき7,350円割引
<3名で参加の場合1名につき10,500円割引>(同一法人に限ります)
講師: 第1部 永久磁石モータの課題
≪10:00〜11:15>>

明治大学 理工学部 兼任講師 (元 日立金属) 徳永 雅亮 氏

第2部 Dyフリー異方性NdFeB系ボンド磁石MAGFINEの開発
≪11:30〜12:45>>

愛知製鋼(株) 電磁品事業本部 電磁品開発部 野口 健児 氏

第3部 フェライト磁石を用いた脱レアアースリラクタンスモータの開発
≪13:30〜14:45>>

大阪府立大学大学院 工学研究科 電気・情報系専攻 電気情報システム工学分野 教授 工学博士 森本 茂雄 氏
【ホームページ】
http://www.eis.osakafu-u.ac.jp/~mds/

第4部 希土類磁石のリサイクル技術動向
≪15:00〜16:15>>

(独)産業技術総合研究所 環境管理技術研究部門 金属リサイクル研究グループ 主任研究員 小山 和也 氏

主催: サイエンス&テクノロジー株式会社
■講演会のプログラム内容
第1部 永久磁石モータの課題
<趣旨>
 永久磁石モータはその他のモータと比較して効率が良いため、地球温暖化対策のための省エネや新エネルギーの分野での利用が活発化している。主役はネオジム系焼結磁石であるが、近年希土類元素生産が中国にかたよっているために、価格高騰や日本への輸出停滞等政治的な影響をも受けている。このような社会および経済的な背景から、希土類磁石の生産量低下が懸念されている。対策として希土類資源確保の脱中国化、Nd, Dyのリサイクル、モータの脱ネオジム磁石等が検討されている。
 本講演では永久磁石モータの現状をレビューし、Nd-Fe-B系焼結磁石および永久磁石モータの将来と課題について述べる。


1.永久磁石モータの現状
 1.1 Nd-Fe-B系焼結磁石
  1.1.1 HEV・EV
  1.1.2 白物家電
  1.1.3 エレベータ・車両
 1.2 ハードフェライト
  1.2.1 電装

2.Nd-Fe-B系焼結磁石の開発動向(Dy低減対策)
 2.1 粒界拡散
 2.2 結晶粒微細化

3.Nd-Fe-B系焼結磁石および永久磁石モータの将来と課題
 3.1 永久磁石使用量の低減
 3.2 脱Nd-Fe-B系焼結磁石

  □質疑応答・名刺交換□

第2部 Dyフリー異方性NdFeB系ボンド磁石MAGFINEの開発
<趣旨>
 自動車の電動化に伴い、搭載モータの小型・軽量化のニーズが高まっている。そのためのモータの新設計および新材料の採用が、積極的に試みられている。当社の異方性NdFeB系ボンド磁石マグファインは、フェライト磁石に比べ5倍の磁力、ネットシェープとそのモータへの組付の容易性が特徴である。これまで、軽量化を目的とした車載シートモータに実用化され、生産累積で2,000万個に達した。しかしながら、ユニット系などへのマグファインの市場拡大には、信頼性、耐熱性、コストと3つの大きな課題があった。そこで、我々は、磁粉表面のマイクロカプセル化による信頼性向上、Dy無添加でも高い保磁力を有する磁粉開発、磁石の低コスト成形加工技術の開発を行うことで、前述した3つの課題を克服し、コストパフォーマンスに優れたNewマグファインを提供するにいたった。そこで、本講演では、これら課題を克服した技術ならびにNewマグファインを用いたモータの小型化への提案を紹介する。

  □質疑応答・名刺交換□


第3部 フェライト磁石を用いた脱レアアースリラクタンスモータの開発
<趣旨>
 EV/HEVや省エネ家電などに用いられている高性能モータには,レアアースを使用したネオジム磁石が使用されているが,ネオジム磁石を使用しない脱レアアースリラクタンスモータについて説明する。まず,同期リラクタンスモータの基礎について説明し,高性能化手法や開発事例などについて解説する。つぎに,EV/HEV駆動用の脱レアアースリラクタンスモータの開発について設計から試作・試験評価まで具体的に説明する。


1.リラクタンスモータの基礎
 1.1 リラクタンストルク応用モータの分類と特徴
 1.2 同期リラクタンスモータの基本構造と基本特性
 1.3 同期リラクタンスモータの開発事例

2.リラクタンスモータの高性能化手法
 2.1 電磁構造設計による特性改善と開発事例
 2.2 補助永久磁石による特性改善
 2.3 永久磁石補助型同期リラクタンスモータの開発事例と特性

3.自動車用脱レアアースリラクタンスモータ
 3.1 開発の背景と目標
 3.2 高トルク化構造の検討
 3.3 減磁特性の検討と耐減磁設計
 3.4 試作機による特性評価
 3.5 立体ギャップ構造による高トルク化
 3.6 試験機による特性評価

  □質疑応答・名刺交換□


第4部 希土類磁石のリサイクル技術動向
<趣旨>
 Nd-Fe-B系磁石は代表的な希土類磁石であり、今日の我々の生活には欠くことのできないものとなっている。廃製品に含まれる希土類磁石のリサイクルは鉱山の権益確保、省使用・代替材開発などとともに重要と考えられている。ここでは、主に化学的な方法による磁石からの希土類成分の回収技術について述べる。


1.希土類をとりまく現状

2.希土類元素の抽出・分離

3.リサイクルにおける分離・回収技術

4.希土類磁石のリサイクル方法

 4.1 乾式法
 4.2 湿式法(選択浸出−溶媒抽出による希土類の相互分離)

5.今後の展望

  □質疑応答・名刺交換□

 
 
 
“水処理技術者”声の報告会
世界人口爆発による食糧増産、或いは途上国の急速な都市化により、水資源が不足、世界の水ビジネス市場が急拡大している!!
私たちの報告会では、欧州水メジャーの動向をはじめ、淡水化技術、排水の再利用技術から市場参入に繋がるビジネスチャンスをテーマに、第一線でご活躍の講師陣や先端技術者の意見、アンケートを通して、セミナーでも聞けなかった生の声情報を期間限定にてお届けします。
ご案内の請求・停止
ご案内の請求
送付停止
送付先所在地変更
ご案内の請求
送信停止
送信先アドレス変更
個人情報保護方針について お問い合わせ メガセミナー社について