バイオマスプラスチック|利用技術における、利用技術,複合材料開発,自動車部材,グリーンコンポジットなどの事例,課題,問題,市場,動向など、セミナーでお届け致します。

メガセミナー・サービス 技術・研究・設計・開発・メンテナンス・企画・調査等の担当者|市場動向・技術動向とビジネスチャンス
HOME よくある質問 受付ダイヤル:06-6363-3359
 
環境・新エネルギー セミナーバイオマスプラスチック セミナー2010年12月 > バイオマスプラスチックの利用技術と複合材料開発
東京メガセミナー・資料・テキスト請求のお問い合わせ 東京メガセミナー・資料・テキスト請求のお問い合わせ
東京メガセミナー・過去セミナーの資料、テキストをお探しの方へ
関連セミナーにおける
市場・技術の詳細資料、他
東京メガセミナー・資料・テキスト請求のお問い合わせ
 
  バイオマスプラスチックの利用技術と複合材料開発
  自動車部材/電気・電子部品材料への利用、グリーンコンポジット
 
バイオマスプラスチックの利用技術と複合材料開発
【本セミナーの対象】 材料開発、機能部品の部品開発、自動車内外装部品、に関わっている方
ビジネス(市場開発、営業)に携わっている材料メーカー、部品メーカー、自動車メーカー、商社の方
■講演会の概要
日時: 2010年12月15日(水) 10:00〜16:30
会場: 東京・大田区蒲田 大田区産業プラザ(PiO) 1F A+B会議室
≪会場地図はこちら≫
※急ぎのご連絡は(株)メガセミナー・サービス(TEL06-6363-3372)まで!!
受講料:
(税込)
(税込) 47,250円
 ⇒E-mail案内登録会員 44,800円(ネットからお申し込みの方、全員)
  
※資料・昼食付
上記価格より:
<2名で参加の場合1名につき7,350円割引
<3名で参加の場合1名につき10,500円割引>(同一法人に限ります)
講師: 第1部 バイオマスプラスチックを取りまく国内外の動向と
    バイオマスプラ識別表示制度

≪10:00〜11:00>>

日本バイオプラスチック協会 顧問 猪股 勲 氏

第2部 バイオマス・プラスチックを用いた自動車部品の開発・
    採用動向と近未来(2011年〜2020年)への展望

≪11:15〜12:45>>

ポリマー技術・ビジネス開発研究所 主宰 岩野 昌夫 氏
【略歴】
1968.3 東京大学理学系大学院相関理化学課程修士課程修了。
1968.4- 三菱化成工業株式会社(現三菱化学株式会社)入社。
高分子研究所にて高密度ポリエチレンの物性と成形性の研究,製品開発に従事。
1978.3-1980.3 三菱自動車工業株式会社乗用車技術センター材料技術部へ出向し,RIMウレタン製自動車内外装部品の内製化のための技術開発に従事。
1986.10 デュポン株式会社入社,自動車関連事業部にてエンジニアリングプラスチックの市場開発・営業に従事(市場開発部長)。
1998.2 エムスジャパン株式会社入社。ナイロン樹脂技術部長・営業部長。
2002.4- ポリマー技術・ビジネス開発研究所を主宰し,自動車用プラスチック関連のコンサルティン
グ業務に従事。

【著書】
「プラスチック自動車部品―ケーススタディで読み解く現状と近未来−」,(株)工業調査会刊 (2010.3)

【資格】
技術士(化学部門 高分子製品),環境計量士(濃度関係)

第3部 バイオプラスチックを用いた電子機器筐体の開発と導入課題
≪13:30〜14:45>>

ソニー(株) コアデバイス開発本部 環境エネルギー事業開発部門 環境技術部
野口 勉 氏
【学歴】
東北大学工学部応用化学科卒(1978年)  工学博士(2001年、東北大学)

【研究歴】
中央研究所/マテリアル研究所にて、機能性高分子材料、プラスチックリサイクル技術の研究開発、バイオマス由来材料の研究開発を担当、現在に至る。

【専門分野】
環境配慮型プラスチック、リサイクル技術全般

第4部 グリーンコンポジット材料の特性改善と最新開発動向
≪15:00〜16:30>>

山口大学 工学部 電機工学科 教授 合田 公一 氏
【略歴】
昭和57年3月 広島大学大学院工学研究科博士課程前期 修了
昭和57年4月 広島大学工学部 助手
平成6年4月 山口大学工学部 助教授
平成16年4月 山口大学工学部 教授
現在に至る(現在は所属先が変更され,大学院理工学研究科教授).
この間,
平成元年11月 工学博士(広島大学)
平成3年〜平成4年の1年間 コーネル大学客員研究員

【研究内容】
グリーンコンポジットの開発と機械的性質の評価
CFRPの強度信頼性評価と破壊シミュレーション手法の構築
セラミックス基複合材料の強度信頼性解析

【ホームページ】
http://mr25.mech.yamaguchi-u.ac.jp/

主催: サイエンス&テクノロジー株式会社
■講演会のプログラム内容
第1部 バイオマスプラスチックを取りまく国内外の動向と
    バイオマスプラ識別表示制度
<趣旨>
 バイオマスプラスチックの実用化が進展する中、国内・国外とも活発な動きが出てきており、注目されています。
 バイオマスプラスチックは、新しいコンセプトであることもあり、定義の世界的な統一も重要な課題です。JBPAは、世界に先駆けてバイオマスプラスチック製品の認証制度を開始し、ISOでの活動も続けています。バイオマスプラスチックの商品化の最新の動向とともにそうした活動につき報告します。


1.バイオプラスチックのコンセプト(生分解性プラスチックとバイオマスプラスチック)

2.バイオマスプラスチックと気候変動問題

3.バイオマスプラスチック識別表示制度とその取り組み

4.バイオマスプラスチックの利用状況

 4.1 バイオマスプラスチックの物性改良
 4.2 包装材関連の商品開発
 4.3 耐久消費財での商品化

5.バイオマスプラスチックの実用化の拡大に向けて

  □質疑応答・名刺交換□

第2部 バイオマス・プラスチックを用いた自動車部品の開発・
    採用動向と近未来(2011年〜2020年)への展望

<趣旨>
 バイオマス・プラスチックは、「カーボンニュートラル性」による地球温暖化対策と枯渇資源保護・延命化の2点において大きな期待がかけられている。そのため、国内においてすでに内装部品と一部のエンジンルーム内部品で採用されている。
 そこで本講演では、バイオマス・プラスチック製自動車部品について出来る限りの事例を集めてケーススタディをするとともに、近未来において真に環境に優しく枯渇資源保護・延命化に寄与しうるバイオマス・プラスチック製自動車部品について展望したい。


1.バイオマス・プラスチックの意義
 1.1 「カーボンニュートラル性」による地球温暖化対策への寄与
 1.2 枯渇資源保護・延命化への寄与

2.バイオマス・プラスチックの自動車部品への展開
 2.1 内装部品
  (1)トリム部品
  (2)スペアタイヤカバー
  (3)フロアマット
  (4)内装品表皮
  (5)シート表皮
  (6)シートクッション
  (7)その他の内装部品、装備品
 2.2 エンジンルーム内部品
  (1)ラジエーター・タンク

3.新規のバイオマス・プラスチックの開発状況
 3.1 ステレオコンプレックスPLA(帝人)
 3.2 PLAナノアロイ(東レ)
 3.3 PBS(三菱化学)
 3.4 バイオマスベース・エチレンからのHDPE(ブラスケン社、ブラジル−豊田通商)

4.バイオマス・ベース強化繊維の採用・開発状況
 4.1 ケナフ繊維
 4.2 ナノ・ファイバー

5.バイオマス・プラスチックと自動車部品の近未来への展望
 5.1 枯渇資源エネルギーの使用量とCO2の排出量が少ないバイオマス・プラスチックとは?
  (ブラトニッツ−御園生 誠の考察)
 5.2 食料と競合しないバイオマス・プラスチック(セルロース系)

  □質疑応答・名刺交換□


第3部 バイオプラスチックを用いた電子機器筐体の開発と導入課題
<趣旨>
 環境に関する潮流、特にバイオマス関連の社会動向、バイオプラスチックの導入状況を説明、世の中の流れを把握していただく。また、電子機器筐体への展開を目的としたソニーでのこれまでの開発事例を紹介し、開発状況(成形技術、物性改善、耐久性)、開発・導入課題について参加者とのディスカッションを通じて、新たな導入検討のきっかけやまた、異業種間連携で新たなバイオマス由来のエンジニアリングプラスチック開発加速につながればと考える。


1.社会の動き・トレンド
 「世界の動き」
 「バイオマス導入の流れ」
 「市場動向/他社動向」
  
2.ソニーの環境活動、資源循環の取り組み
 2.1 環境中期目標(GM2015)、Road to Zero
 2.2 ソニー内資源循環の取り組み事例
  2.2.1 自社循環の取り組み
  2.2.3 再生プラスチック導入事例

3.植物原料プラスチック導入事例   
 3.1 水酸化アルミを用いた難燃化技術
 3.2 耐久性評価手法

4.植物原料プラスチック開発事例
 4.1 成形技術(ポリ乳酸の結晶促進技術)
 4.2 繊維添加系の検討

5.今後の課題・まとめ

  □質疑応答・名刺交換□


第4部 グリーンコンポジット材料の特性改善と最新開発動向
<趣旨>
 グリーンコンポジットは環境にやさしい材料として注目を浴びているが,靱性や強度・剛性の点でガラス繊維などを使った従来の複合材料に比べて劣る.そこで,本講演ではグリーンコンポジットの高靱化および高強度化手法について説明する.また,グリーンコンポジットの最新開発動向について追述する。


1.はじめに

2.グリーンコンポジットの開発小史

3.天然繊維およびグリーンコンポジットの機械的性質

4.グリーンコンポジットの特性改善

 4.1 グリーンコンポジットの靱性改善
 4.2 グリーンコンポジットの高強度化.高剛性化

5.グリーンコンポジットの最新開発動向(欧州プロジェクトより)

6.最後に


  □質疑応答・名刺交換□

 
 
 
“水処理技術者”声の報告会
世界人口爆発による食糧増産、或いは途上国の急速な都市化により、水資源が不足、世界の水ビジネス市場が急拡大している!!
私たちの報告会では、欧州水メジャーの動向をはじめ、淡水化技術、排水の再利用技術から市場参入に繋がるビジネスチャンスをテーマに、第一線でご活躍の講師陣や先端技術者の意見、アンケートを通して、セミナーでも聞けなかった生の声情報を期間限定にてお届けします。
ご案内の請求・停止
ご案内の請求
送付停止
送付先所在地変更
ご案内の請求
送信停止
送信先アドレス変更
個人情報保護方針について お問い合わせ メガセミナー社について