ターボチャージャー|ガソリンエンジンにおける、適合技術,ターボ過給,ターボチャージャー,省燃費,などの事例,課題,問題,市場,動向など、セミナーでお届けします。

メガセミナー・サービス 技術・研究・設計・開発・メンテナンス・企画・調査等の担当者|市場動向・技術動向とビジネスチャンス
HOME よくある質問 受付ダイヤル:06-6363-3359
 
環境・新エネルギー セミナー ターボチャージャー セミナー2010年10月 > ターボチャージャーガソリンエンジンへの適合技術と最新動向
東京メガセミナー・資料・テキスト請求のお問い合わせ 東京メガセミナー・資料・テキスト請求のお問い合わせ
東京メガセミナー・過去セミナーの資料、テキストをお探しの方へ
関連セミナーにおける
市場・技術の詳細資料、他
東京メガセミナー・資料・テキスト請求のお問い合わせ
 
  エンジンのダウンサイジングで採用拡がる
ターボチャージャーのガソリンエンジンへの適合技術と最新動向
 
ターボチャージャーのガソリンエンジンへの適合技術と最新動向
自動車用エンジンは、近年の技術開発によりガソリン・ディーゼルエンジン共に排出ガス規制、CO2の削減および燃費の向上という大きな課題を年毎にクリアーしてきました。排出ガス規制の一方で、2015年度までに大幅な燃費改善が義務付けられました。その改善技術の一つとして、ダウンサイズしたエンジンにターボチャージャーを適合する事例が増加してきました。
本セミナーにおいて、ターボチャージャーのガソリンエンジンへの適合という課題を「ターボチャージャー」、「ガソリン/ガソリンエンジン」のそれぞれの持つ特質(長所、短所)とその相互補完の可能性について検証し、現在ターボメーカーが進めている技術開発とその背景について、市場動向を踏まえながらターボチャージャーのアプリケーション(適合)技術という側面からご紹介いたします。
対象:若手エンジン開発技術者を始め、これからエンジン開発に携わる技術者、その周辺部品メーカ、素材メーカのエンジン開発に関連する技術者全て。
■講演会の概要
●日 時 2010年10月27日(水)13:00〜17:00
●会 場 全国家電会館 会議室
<東京都文京区湯島3−6−1> 会場地図はこちら
※急ぎのご連絡は(株)メガセミナー・サービス(TEL06-6363-3372)まで!!
●受講料 39,060円(1人/税込み)
※資料代を含む
9/27迄
 早割適用
 受講料
37,107円(税込)/1人
※『早割制度』…開催日の1ヶ月前までにお申し込みの方に限り、
受講料を5%割引いたします。
●主 催 (株)エヌ・ティー・エス
●講 師 ボルグワーナーターボシステムズ
アプリケーションエンジニア 里川 明
■講演会のプログラム内容
エンジンのダウンサイジングで採用拡がる
 ターボチャージャーのガソリンエンジンへの適合技術と最新動向


●時 間13:00〜17:00
●内容
1970年代のオイルショックを期に、省燃費を旗印に掲げたターボガソリンエンジン搭載乗用車が北米市場で相次いで量産された。日本においてもターボガソリンエンジン搭載乗用車が1979年から低燃費車として量産が始まった。その後1980年代の日本市場ではパフォーマンスカー=ターボカーの地位・イメージを確立したかに見えた。
しかし、排ガス規制、燃費規制等の社会的な背景の中で、日本でも1990年代後半には軽自動車及び一部のスポーツカーにその適用が限られ、日本市場におけるターボガソリンエンジンの技術的評価は、一応の結論が出たように思える。2000年代に入りEuro5規制クリアーが一段落し、ここ数年は地球温暖化防止対策、燃費向上が盛り込まれたEuro6規制への技術開発が本格化してきた。
そのような市場状況を背景に、今回はヨーロッパを中心にガソリンエンジンの燃費向上を「エンジンのダウンサイジング+ターボ過給」で達成しようという開発が始まり、近年の経済ショック以後この傾向はヨーロッパ各国、及び北米市場でもますます活発になってきている。
本セミナーでは、ターボチャージャーのガソリンエンジンへの適合という課題を「ターボチャージャー」、「ガソリン/ガソリンエンジン」の特質と相互補完の可能性の視点から議論し、最近の技術開発とその背景を解説する。

1.ガソリン (ターボ適合上の基礎知識)
2.ガソリンエンジン (ターボ適合上の基礎知識)
3.ターボチャージャー
4.ターボ過給
5.ガソリンエンジンへの適合(アプリケーション)
6.ターボガソリンエンジンの近年の歴史
7.ターボガソリンエンジンの車両への適合
8.市場ニーズと開発案件
9.なぜ今ターボ過給なのか

講師プロフィール
1974年3月 工学院大学工学部 機械工学科 修士課程 修了
1977年9月 
〜2000年3月 日本ガレット
      ・アプリケーション技術、製品開発、技術部
2008年1月〜 ボルグワーナーターボシステムズ 現職
       ・アプリケーション技術
 
 
 
“水処理技術者”声の報告会
世界人口爆発による食糧増産、或いは途上国の急速な都市化により、水資源が不足、世界の水ビジネス市場が急拡大している!!
私たちの報告会では、欧州水メジャーの動向をはじめ、淡水化技術、排水の再利用技術から市場参入に繋がるビジネスチャンスをテーマに、第一線でご活躍の講師陣や先端技術者の意見、アンケートを通して、セミナーでも聞けなかった生の声情報を期間限定にてお届けします。
ご案内の請求・停止
ご案内の請求
送付停止
送付先所在地変更
ご案内の請求
送信停止
送信先アドレス変更
個人情報保護方針について お問い合わせ メガセミナー社について