触媒劣化|触媒活性における、寿命,自動車用触媒,酸化触媒,バイオ燃料,三元触媒などの事例,課題,問題,市場,動向など、セミナーでお届け致します。

メガセミナー・サービス 技術・研究・設計・開発・メンテナンス・企画・調査等の担当者|市場動向・技術動向とビジネスチャンス
HOME よくある質問 受付ダイヤル:06-6363-3359
 
環境・新エネルギー セミナー触媒劣化 セミナー2010年9月 > 触媒劣化のメカニズムとその対策の実際
東京メガセミナー・資料・テキスト請求のお問い合わせ 東京メガセミナー・資料・テキスト請求のお問い合わせ
東京メガセミナー・過去セミナーの資料、テキストをお探しの方へ
関連セミナーにおける
市場・技術の詳細資料、他
東京メガセミナー・資料・テキスト請求のお問い合わせ
 
  難問解決、実務に即した
触媒劣化のメカニズムとその対策の実際
 
触媒劣化のメカニズムとその対策の実際
触媒劣化は、その開発、利用における最大のネックであり、鍵となっています。しかし、試行錯誤の触媒開発の方法では、明らかにコストが掛かり過ぎて商品化が難しくなっています。
本セミナーでは、まず触媒化学の基礎から触媒劣化を考える方法を解説し、劣化メカニズムを解明する本質をご理解いただきます。さらに、事例としてメーカーの開発担当者である講師が、メーカーにおける触媒の課題を整理し、その対策と方向性について言及いたします。
対象:触媒開発・設計・関連部品に関わる方々及び光触媒、燃料電池など触媒に関わる広い分野の研究者、エンジニアの方々。
■講演会の概要
●日 時 2010年9月28日(火) 10:30〜16:45
●会 場 ホテル機山館 地下会議室 
<東京都文京区本郷4-37-20> 会場地図はこちら
※急ぎのご連絡は(株)メガセミナー・サービス(TEL06-6363-3372)まで!!
●受講料 49,560円(1人/税込み)
※資料代を含む
8/28迄
 早割適用
 受講料
47,082円(税込)/1人
※『早割制度』…開催日の1ヶ月前までにお申し込みの方に限り、
受講料を5%割引いたします。
●主 催 (株)エヌ・ティー・エス
●概 要 第1講 触媒化学の基本と劣化メカニズム
村上 泰(信州大学)

第2講 自動車用触媒の劣化メカニズムと対策の実際
青野 紀彦(キャタラー)
■講演会のプログラム内容
第1講 触媒化学の基本と劣化メカニズム

●時 間10:30〜15:30 <昼休憩12:00〜13:00予定>
●講 師 信州大学 繊維学部 化学・材料系 材料化学工学課程
     教授 村上 泰
●内 容
触媒の開発においては、活性、選択性、寿命がポイントになる。活性、選択性が高い触媒が選ばれ、実用化されることが多いが、最終的にはいかに寿命を延ばすかが鍵になる。こうした劣化防止を対処的に解決しようとするとうまくいかず、かえってまわり道になってしまうことも多い。触媒化学的に本質を理解し、劣化メカニズムを解明し、触媒劣化を本質的に解決していく必要がある。
本セミナーは、触媒化学の基礎から触媒劣化を考える方法を解説し、劣化メカニズムを解明する
本質を理解していただくものである。金属触媒、酸化物触媒、配位触媒などの幅広い触媒について、既存の反応から燃料電池反応、材料合成反応まで幅広い反応について例をあげて説明する。

1.触媒開発における劣化メカニズムの解明の意義
2.触媒化学の基礎から触媒劣化を考える
・触媒への反応物の吸着と生成物の脱離
・触媒の活性化エネルギーを下げる因子
・触媒活性種の凝集−担体との相互作用
・触媒活性種の露出面−反応選択性
・触媒活性種の溶解・再析出−配位不飽和サイト
・コーク(炭素質)の析出
・触媒毒の考え方
3.複雑な反応から触媒劣化の本質を見出す
・反応転化率と反応の本質
・劣化解明に必要な無劣化条件
・劣化がもたらす実条件で低活性
・非定常の反応から見える本質
4.触媒劣化を解決法
・システムで解決−装置、反応条件による解決
・材料で解決−触媒設計による解決

講師プロフィール
1990年 東京工業大学大学院博士課程修了(工学博士)
1989年 東京工業大学 助手
1993年 信州大学 繊維学部 講師
1996年 信州大学 繊維学部 助教授
2007年 信州大学 繊維学部 教授 現職 

現在の触媒に関する研究
・無機材料合成触媒(プロトン移動触媒)に関する研究開発
・スズ代替触媒の研究開発
・燃料電池触媒の劣化解明と長寿命化
・酸化物多孔体の研究開発

<休憩15:30〜15:45>

第2講 自動車用触媒の劣化メカニズムと対策の実際

●時 間15:45〜16:45
●講 師  株式会社キャタラー 第4研究開発部 
      部長 青野 紀彦 
●内 容
自動車用三元触媒が、車に搭載され既に30年が経過した。その間、様々な改良が加えられ確実に進化を遂げてきた。
しかし、近年、車の低燃費化によるHV車の増加、燃費向上による高熱負荷への触媒対応、ディーゼル車では、尿素SCRや、LNTなど、従来に無い新しい触媒システムが採用されつつある。
また、アジアを中心とした国々の規制強化に伴い、高S燃料、・バイオ燃料に対応した低貴金属触媒の開発が必要になるなど、新たな局面を迎えている。
本セミナーでは、最先端の技術対応とグローバルな対応の両側面から、現状における触媒の
課題整理を行い、その対策と方向性について言及する。

1.背景
・燃費及び排気規制の動向と排気システムへの影響
2.ガソリン車用触媒劣化機構と対策
・三元触媒
3.ディーゼル車用触媒劣化機構と対策
・酸化触媒
・酸化触媒/DPF触媒
・尿素SCR触媒
・LNT
4.まとめと今後の展望

講師プロフィール
1986年 株式会社キャタラー入社
1989年1月 トヨタ自動車東富士研究所出向 排ガス後処理開発
1990年6月 帰任 ディーゼル触媒開発に従事
2000年 第1研究開発部、第12開発室室長
2006年 3way触媒・ディーゼル触媒・評価試験課 担当
2010年1月〜 第4研究開発部 部長 現職


16:45 終了

 
 
 
“水処理技術者”声の報告会
世界人口爆発による食糧増産、或いは途上国の急速な都市化により、水資源が不足、世界の水ビジネス市場が急拡大している!!
私たちの報告会では、欧州水メジャーの動向をはじめ、淡水化技術、排水の再利用技術から市場参入に繋がるビジネスチャンスをテーマに、第一線でご活躍の講師陣や先端技術者の意見、アンケートを通して、セミナーでも聞けなかった生の声情報を期間限定にてお届けします。
ご案内の請求・停止
ご案内の請求
送付停止
送付先所在地変更
ご案内の請求
送信停止
送信先アドレス変更
個人情報保護方針について お問い合わせ メガセミナー社について