次世代リチウムイオン電池|セミナー,リチウムイオン電池,構成材料,技術動向,コスト,正極材,負極材,電池,バッテリーパワーマネジメント,NAS電池,市場動向

メガセミナー・サービス 技術・研究・設計・開発・メンテナンス・企画・調査等の担当者|市場動向・技術動向とビジネスチャンス
HOME よくある質問 受付ダイヤル:06-6363-3359
 
環境・新エネルギー セミナー>メガトレンドセミナー2010年11-12月 大型リチウムイオン電池及び構成材料・関連商品における市場動向とビジネスチャンス
 

  +画像をクリックすると拡大+

主催: (株)メガセミナー・サービス
共催: (株)エヌ・ティー・エス
(株)サイエンス&テクノロジー
大型リチウムイオン電池の性能向上、価格低下が、いつ、どの時期に実現され、いかに市場が展開されるのか!?また、次世代構成材料・次世代電池がどのタイミングで市場に導入されるのか?電池、構成材料、次世代電池という視点から、各国の主要メーカーの戦略をはじめ、最新の開発動向から課題の克服となる情報を詳説していきます!
本セミナーでは、1日目は、Li電池の市場動向、2日目は、次世代構成材料の開発動向、3日目は、安全技術の開発動向、4日目は、新型電池の最新動向、5日目には、Li電池の基礎技術と各国の戦略を解説頂きます。最新技術の課題克服を目指す方、リチウムイオン電池の全般的な分野における新規参入をご検討中の担当者様へ、その全貌と戦略を詳しく解説致します。※名刺交換も可能。


 ※単独の講座お申込みも受け付けておりますので、ぜひお問い合わせ下さい。
 ※先着順にての締め切りとなりますので、ご予約はお早めにお願い申し上げます。



講義内容に関する疑問、質問等がありましたら、お電話にてご連絡頂きますと、詳細内容の説明を致しますので、どうぞ遠慮なく、お問い合わせ下さい。
直通ダイヤル:06−6363−3359(代表:橋本)

 
プログラムの日程と、特徴について
大型リチウムイオン電池の性能向上、価格低下が、いつ、どの時期に実現され、いかに市場が展開されるのか!?また、次世代構成材料・次世代電池がどのタイミングで市場に導入されるのか?電池、構成材料、次世代電池という視点から、各国の主要メーカーの戦略をはじめ、最新の開発動向から課題の克服となる情報を詳説していきます!

第一日目、 「大型リチウムイオン電池及び構成材料・関連商品(EV・HEV・PHEV、蓄電システム、他)における市場動向とビジネスチャンス」では、大型リチウムイオン電池の性能向上、価格低下が、いつ、どの時期に実現され、いかに市場が展開されるのか!?また、次世代構成材料・次世代電池がどのタイミングで市場に導入されるのか?市場データ・トレンドを分析し、これからの技術開発の目の付け所、ビジネスチャンスと注目される車載用・蓄電用大型リチウムイオン電池の開発動向・要求特性・展望について、体系的に詳説頂きます。

第二日目、 「大型リチウムイオン電池構成材料とビジネスチャンス」では、容量、出力、コスト、安全性、寿命等競争要因があるが、どの材料に、どんな課題があり、どこにビジネスチャンスがあるのか!? 又、注目される次世代材料とその特徴は!?大型リチウムイオン電池の構成材料に焦点を当て、その性能・安全性・寿命からみたこれからの技術開発のポイント・ビジネスチャンスと、正極材料・負極材料・電解液・セパレーターにおける次世代材料を含めた最新技術に至るまで、検討すべきポイントに沿って、わかりやすく詳説頂きます。

第三日目、 「大型リチウムイオン電池の安全技術とビジネスチャンス」では、想定される各種トラブル(発熱、内部・外部短絡、発火、過充電、劣化、他)とは!? 又、その原因・メカニズムと安全対策の具体的手順は!?リチウムイオン電池の大型化に伴い、安全性と高性能化を両立するため、安全性試験・安全性評価・規制・規格等の最新動向を始め、安全設計のポイントと劣化評価・寿命改善等も含めた材料選定・製造プロセスにおける安全化技術について、検討すべきポイントに沿って、わかりやすく詳説頂きます。

第四日目、 「大型リチウムイオン電池及び新型電池等の比較とビジネスチャンス」では、どの新型電池がいつ、どんな用途で本格的に市場導入されるのか? 又、新型電池の技術課題とは何か?次世代型リチウムイオン等二次電池の開発動向・市場の棲み分けと、注目される全固体リチウムイオン電池、NAS電池、リチウムイオンキャパシタ、リチウムイオン/空気電池等新型電池における充放電・耐久性・安全性・取り扱い性について、大型リチウムイオン電池と比較の上、今後の技術開発のポイント・ビジネスチャンスについて、最前線の動きを探ります。

第五日目、「大型リチウムイオン電池の基礎知識」では、設計・製造で核となる技術・プロセスとは? 又、設計・製造側から、いかに高品質化(高エネルギー密度化・長寿命化)を実現するか?大型リチウムイオン電池関連ビジネスに新規参入を考えていらっしゃる方及び大型リチウムイオン電池の開発・設計・製造等に携わられている方を対象に、大型リチウムイオン電池の原理・構造・特性を始め、設計・製造の具体的手順、又、海外の最新動向に至るまで、押さえておきたい基本事項と総合的な知識について斯界の第一線でご活躍中の小澤講師に詳説頂きます。※専門外、異業種からの参加の方にもわかりやすく解説致します。最新技術の課題克服を目指す方、リチウムイオン電池の全般的な分野における新規参入をご検討中の担当者様には、欠かせない内容として全5日間,約21時間(参加講師16名)に渡り集中講義します。

 
11-12月:プログラムの開催日程
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
1.大型リチウムイオン電池 及び構成材料・関連商品における
  市場動向とビジネスチャンス
    〜これから市場参入するには、どこが狙い目なのか?〜
13:15-14:45
 大型リチウムイオン電池 及び構成材料・関連商品における
 市場動向とビジネスチャンス
   〜これから市場参入するには、どこが狙い目なのか?〜
2.大型リチウムイオン電池 関連商品(EVHEVPHEV蓄電システム)の
  開発動向とビジネスチャンス
    〜これからの技術開発の目の付け所は、どこなのか?〜
14:45-16:00
 車載用 大型リチウムイオン電池の開発動向と展望
   〜高容量化、高出力化、安全対策がどこまで進んでいて、
    どんな技術 課題があるのか〜
  【車載用】【安全性】
16:00-17:00
 蓄電用 大型リチウムイオン電池の開発動向と展望
   〜大型リチウムイオン電池を効果的に自然エネルギー 用 蓄電池へ
    利用するための技術 課題とは?〜
  【蓄電用】【コスト】

U.大型リチウムイオン電池
構成材料とビジネスチャンス

〜電極材料(正極・負極)、電解液、
セパレーター〜


11月 30日(火)
1.大型リチウムイオン電池 構成材料技術動向と展望
    〜日本、海外において、技術開発がどこまで進んでいるのか?
     また、これからのビジネスチャンスはどこにあるのか〜
9:30-11:00
 大型リチウムイオン電池 構成材料の技術動向と展望
   〜日本、海外において、技術開発がどこまで進んでいるのか?
    また、これからのビジネスチャンスはどこにあるのか〜
2.大型リチウムイオン電池 構成材料とビジネスチャンス
    〜現状材料 vs 次世代材料の比較(競争項目:安全性、高出力、高容量化、
     耐熱性、急速充放電、サイクル性、低コスト化)!!〜
11:00-12:15
 大型リチウムイオン電池電解液の最新動向と展望
   〜性能安全性発火防止 等)、
    コストからみたこれからの電解液とは〜
 【電解液】【添加剤】
13:15-14:30
 大型リチウムイオン電池正極材料の最新動向と展望
   〜低コストで安定供給でき、容量低下防止、
    寿命改善できる材料とは〜
  【正極材料】【リン酸系】
14:30-15:45
 大型リチウムイオン電池負極材料の最新動向と展望
   〜適用用途の拡大と高性能化の要求にこたえる負極材料
    とは〜
  【負極材料】【チタン酸リチウム】
15:45-17:00
 大型リチウムイオン電池セパレーターの最新動向と展望
   〜高耐熱性、高耐薬品性に優れたセパレーター
    とは〜
  【セパレーター】【ナノファイバー】

V.大型リチウムイオン電池の
安全技術とビジネスチャンス

〜安全性・信頼性を確保する
材料選定・製造不良防止・
寿命改善とは〜


12月 1日(水)
1.大型リチウムイオン電池安全技術におけるビジネスチャンス
9:30-10:00
 大型リチウムイオン電池安全技術課題とビジネスチャンス
   〜どこに課題があり、ビジネスチャンスがある
    のか〜
     【安全設計】
10:00-11:00
 大型リチウムイオン電池安全性評価安全設計のポイント
2.大型リチウムイオン電池安全劣化対策
    〜材料選定・設計製造プロセスにおいて、
     いかに安全性・信頼性を確保するか〜
11:00-12:30
 大型リチウムイオン電池高容量高出力 化に向けた
  安全化 技術
     【発熱対策】
13:30-15:00
 大型リチウムイオン電池に向けた劣化評価対策
   〜長期使用時の劣化をいかに想定するか、また、
    対策は?〜
    【劣化防止対策】
15:00-16:30
 大型リチウムイオン電池バッテリーマネジメントの実際
   〜安全性・信頼性確保のための材料選定製造 不良防止
    劣化防止をいかに進めるか〜
 【発熱対策】【劣化防止対策】

W.大型リチウムイオン電池
及び新型電池等の比較と
ビジネスチャンス

〜全固体リチウムイオン電池、
リチウム/空気電池、
リチウムイオンキャパシタ、NAS電池〜


12月 2日(木)
1.次世代型リチウムイオン電池二次電池開発動向とビジネスチャンス
    〜どの新型電池がいつ、どんな用途で市場導入されるのか?〜
9:30-11:00
 次世代型リチウムイオン電池 等 二次電池の開発動向とビジネスチャンス
   〜どの新型電池がいつ、どんな用途で市場導入される
    のか?〜
    【次世代型マーケット】
2.大型リチウムイオン電池新型電池 等の比較と展望
    〜安全性容量密度電流密度寿命(充放電回数)、他〜
11:00-12:00
 リチウムイオン電池全固体リチウムイオン電池の開発動向
   〜リチウムイオン電池全固体リチウムイオン電池
    の比較〜
    【全固体リチウムイオン電池】
13:15-14:30
 NAS電池の開発動向と展望
   〜NAS電池 運用からみた課題と対応について〜
 【NAS電池】
14:30-15:45
 EDLCリチウムイオンキャパシタの開発動向と展望
   〜リチウムイオン電池EDLCリチウムイオンキャパシタ
    の比較
    【リチウムイオンキャパシタ】
15:45-17:00
 リチウムイオン/空気電池の開発動向と展望
   〜リチウムイオン電池リチウムイオン/空気電池
    の比較〜
    【リチウムイオン/空気電池】

X.大型リチウムイオン電池の
基礎知識

〜押さえておきたい電池の
特性・構造から、設計・製造の
具体的手順、ノウハウまで〜


12月 3日(金)
1.大型リチウムイオン電池特性と開発動向
    〜押さえておきたい原理構造 等 基礎知識とは〜
13:30-14:30
 大型リチウムイオン電池特性と開発動向
   〜押さえておきたい原理・構造等基礎知識とは〜
【特性・構造】
2.大型リチウムイオン電池設計製造
    〜設計製造の具体的手順とノウハウについて〜
14:30-16:00
 大型リチウムイオン電池設計製造
   〜設計製造の具体的手順とノウハウ
    について〜
    【設計法】【製造法】
3.各国のリチウムイオン電池 市場動向と展望
    〜アメリカ、ドイツ、中国、韓国、台湾、他〜
16:00-16:30
 各国のリチウムイオン電池 市場動向と展望
   〜アメリカ、ドイツ、中国、韓国、台湾、他〜

お申込み、ご検討中の方へ

2010.11.26
蓄電分野の製造メーカー、電力貯蔵装置の開発部門の担当者様からは、新しいタイプのキャパシタに関して、更なる高密度化に関する技術情報を収集しているとの事。講演会の4日目「新型リチウム二次電池比較」では、開発現場での先端情報を可能な限り、提供していただけるよう、連絡を致しております。是非、ご参加頂ければ幸いです。(代表;橋本)

2010.11.20
車載用リチウムイオン電池に関しては、「材料の最新情報が知りたい!」「新型電池は、どの位の実力があるのか?」「多少、負荷がかかっても大丈夫なのか?」等の質疑が、大手自動車メーカーの担当者(エンジニア)様から増えています。また「安全性の評価基準や試験方法の国際標準化の動向などはどうなるのか?」等、最新情報のご提供を一部、講師陣にも打合せメールをお送り致しております。2日目以降からの技術動向は、豊富な事例を交えて講演予定!受講者も増えておりますのでお早めに、お申込み下さい。(代表;橋本)

2010.11.16
新型リチウムイオン電池の研究開発担当者様からのご相談>「固体電池に比べ、空気電池の安全性はどうか。」という技術的な内容。安全性に関する講演会は3日目「リチウムイオン電池の安全技術とビジネスチャンス」にて集中講義を予定しています。要素技術を網羅する事で、電池開発の勘所を掴める内容として、最新情報を提供できるよう、講師にも連絡を致しております。

2010.11.10
これから電極製造に入る場合、全体の流れと具体的な材料特性を把握しておく必要があります。また、技術革新の早い分野ですので、今後、どのようなものが開発されていくのか、最新情報を定期的に収集していくことが肝要です。さらに、最新技術に加え、現場でどのようなことが行われているのか?現場でしかわからない事、様々な角度からの先行実例、ぜひご期待下さい。(代表;橋本)

2010.11.9
今後、電極材料に入りたい担当者様からの質疑が増加中。実際に製品プロセスはブラックボックス化の状態で理解したい、現場における実態として量産は本当に可能なのか、起こるのか?現場の話を聞かないと納得できないとの声も上がってきています。個別の質疑に関しては、事前にご連絡を頂いた方に対し、会場にて講師の個別紹介も可能、名刺交換も可能です。

2010.11.1
メーカー様からですが、Li電池の構成材料を扱っている関係から、正極材や負極材、セパレーター等の顧客情報から、課題を把握しており、構成材料の分野を拡げれるのか見極めたいので、具体的にどんな所が参入してきているのか、国内外問わずに情報が欲しい。とのことですが、1日目「市場動向」と2日目「構成材料」の講演会にて詳説されます。宜しくお願い致します。

2010.10.13
「リチウムイオン電池材料を製造する装置を開発する上で、製造プロセスのブラックボックス部分の知識を得たい。」という相談ですが、具体的には、微粒子化・分散化の所ではないかと思います。実際に、製造プロセスにおけるこの部分は、見本市や文献にも絶対に公表されない部分ですので、今回の2日目「構成材料」、5日目「製造プロセスの基礎」で講演する詳しい講師を、私橋本が休憩時間にご紹介差し上げますので直接、講師に質問をぶつけてみて下さい。詳細内容の質疑・お問い合わせは・・・企画部まで(06-6363-3359;橋本)
※リチウムイオン電池の製造を扱った、非売品資料も残り僅かですが準備しております>「Li電池製造編・副資料

2010.10.12
今、各国でリチウム電池の製造が開始、電池メーカーだけではなく、製造装置を開発する技術者様も増えてきています。メーカーと付き合いがあるので何か始めたい、製造部門の全体を把握しておきたい、とお考えの技術者様には5日目「大型リチウムイオン電池基礎知識」をお薦め致します。電池の特性・構造から設計・製造の具体的手順、海外の最新動向まで解説します。宜しくお願い致します。

2010.9.29 【速報】
東芝は29日、イタリアの自動車会社フィアット、スウェーデンの商用車大手スカニアと、それぞれハイブリッド車(HV)向けのリチウムイオン電池を共同開発していることを明らかにした。東芝は大手電機の中ではリチウムイオン電池の最後発企業だが、急速充電性能や最新型の高効率設備で巻き返しを図る。(2010年10月5日付:日経新聞)

2010.9.28
本セミナーでは、大型リチウムイオン電池の最新動向を扱う本講演会では、研究・技術的な側面からみた構成材料や次世代電池の開発における最新動向がわかります。前回同様、まだ発表されていない内容も講師によっては出していただく予定です。今、全体がどうなっているのか知っておきたい方、技術研究を行っている方は、様々な可能性が期待される大型リチウムイオン電池・講演会に、ぜひお越し下さい。

※講義内容毎に、詳細プログラムをご郵送しておりますが、お手元にない場合にはこちらからお取り寄せ頂けます。
 
 
個人情報保護方針について お問い合わせ メガセミナー社について