植物工場|セミナー,環境制御技術,マイクロバブル,生産技術,光センシングシステム,省エネ,再利用,産業排水,太陽光利用型,市場動向

メガセミナー・サービス 技術・研究・設計・開発・メンテナンス・企画・調査等の担当者|市場動向・技術動向とビジネスチャンス
HOME よくある質問 受付ダイヤル:06-6363-3359
 
環境・新エネルギー セミナー>メガトレンドセミナー2010年4月 植物工場コスト削減セミナー
 

  +画像をクリックすると拡大+

主催: (株)メガセミナー・サービス
共催: (株)エヌ・ティー・エス
(株)サイエンス&テクノロジー
水処理ビジネス、技術セミナー
国の政策「新経済成長戦略」では「植物工場の普及拡大」が明記され、ビジネスチャンスが広がってきました。経済産業省と農林水産省は「農商工連携研究会植物工場ワーキンググループ」を発足、異業種からの参入も増え、人工光源の技術進歩による品種改良など、最新の栽培技術や市場動向を押えることは必須です。
本セミナーでは、1日目に、利益を確保するための事業採算性の見通し、2日目には多様な人工照明システムにおける栽培技術、3日目はLED照明システムの栽培技術からみた選び方・導入の進め方を、約17時間に渡り、植物工場で新規参入する経営者様、事業採算が合う技術導入を進める担当者様へ、その選定と活用法を詳しく解説致します。※名刺交換も可能。


 ※単独の講座お申込みも受け付けておりますので、ぜひお問い合わせ下さい。
 ※先着順にての締め切りとなりますので、ご予約はお早めにお願い申し上げます。



講義内容に関する疑問、質問等がありましたら、お電話にてご連絡頂きますと、詳細内容の説明を致しますので、どうぞ遠慮なく、お問い合わせ下さい。
直通ダイヤル:06−6363−3359(代表:橋本)

 
プログラムの日程と、特徴について
国の政策「新経済成長戦略」では「植物工場の普及拡大」が明記され、ビジネスチャンスが広がってきました。経済産業省と農林水産省は「農商工連携研究会植物工場ワーキンググループ」を発足、異業種からの参入も増え、人工光源の技術進歩による品種改良など、最新の栽培技術や市場動向を押えることは必須です。

第一日目、「植物工場ビジネスの事業計画とコスト削減戦略」では、植物工場「農産物」をいかに安く作るか? 又、いかに付加価値(品種改良、高品質)の高い植物工場「農産物」作ればよいのか!?植物工場ビジネスの栽培・設備・機械を始めとした各分野の市場動向・ビジネスチャンスを始め、補助金・採算計画・ビジネスモデルを含めた具体的な事業戦略と、利益確保の決め手となる環境制御(人工光源)・栽培技術の選定によるコスト削減・高付加価値農産物生産の実際について、検討すべきポイントに沿ってファクトを集めていける構成です。

第二日目、「植物工場の人工照明における最新栽培技術」では、植物工場ビジネス成功の“肝”は、「コスト削減」と「売れる農産物の生産」と言っても過言ではない!! そのためのキーテクノロジーとして、いかに目的・状況に合った人工照明システムを選び、効果的に活用するか!?コスト削減の前に押さえておきたい植物と光の関係の基礎知識を始め、LED、CCFL、蛍光灯、HEFL各照明システムの導入事例にみる選定・活用法、又、高付加価値農産物を作るための特定波長の照明にする機能性野菜の作出事例について、詳説頂きます。

第三日目、「物工場のLED照明における最新栽培技術」では、 どんな条件で、いかにLED照明の波長・光量子を制御し、品種改良・付加価値の高い植物を効率よく栽培・生産することができるのか? 又、いかに使えばトラブル(LEDチップの劣化、急な出力低下等)を回避し、ランニングコストを削減できるのか?LED照明システムを導入する前に必ず知っておきたいLEDと植物の基礎知識を始め、採算の合う計画・設計法と導入事例、又、注目される線赤色光LED照明の最新技術(品種改良)について、個別の技術課題と全体像の関係性がわかりやすく理解できる構成で、斯界の第一線でご活躍中の講師陣に詳しく説明頂きます。有望な技術導入のために判断基準を理解したいと考える担当者の方、今後の検討すべき技術課題の抽出を行いたい方には、欠かせない内容として全3日間,約17時間(参加講師12名)に渡り集中講義します

 
4月:プログラムの開催日程
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
23

T.植物工場ビジネスの事業計画とコスト削減戦略

〜これから参入を検討する、或いは
導入段階の方〜


4月 20日(火)
1.植物工場ビジネスの市場動向・ビジネスチャンスと事業戦略
   〜作るビジネス(栽培技術)・建てるビジネス(設備・機械)の市場動向と今後の見通し〜
13:00-15:00
 植物工場ビジネスの市場動向・ビジネスチャンスと事業戦略
   〜作るビジネス(栽培技術)・建てるビジネス(設備機械)の
    市場動向と今後の見通し〜
 【市場動向】
2.植物工場のコスト・パーフォーマンス改善戦略
   〜環境制御(人工光源)、栽培技術の選定によるコスト削減、
                    高付加価値 農産物の生産〜
15:00-17:00
 植物工場コスト・パーフォーマンス改善戦略
   〜環境制御(人工光源)、栽培技術の選定によるコスト削減、
    高付加価値 農産物の生産〜
 
     
【コスト削減】【高付加価値農産物】

U.植物工場の人工照明における最新栽培技術

〜LED、CCFL、蛍光灯、HEFLの比較
(コスト、能力、取り扱い性、寿命)〜


4月 21日(水)
1.植物工場における人工照明の選定・活用法
    〜コスト削減・高品質化を考える前に押さえておきたい植物の関係〜
9:30-10:45
 植物工場における人工照明の選定・活用法
   〜コスト削減・高品質化を考える前に押さえておきたい
    植物の関係〜
2.植物工場コスト削減のための人工照明システムの選定・活用法
    〜対象 植物、規模、能力、寿命、取り扱い性〜
10:45-12:00
 LED照明システムによる植物育成制御技術 
   〜補光として用いた場合、育成用ランプとして用いた場合、
    生育抑制に用いた場合の事例〜
 【LED導入】
13:00-14:00
 植物工場コスト削減のためのCCFL照明システムの導入事例
   〜最先端クローン苗 生産における省電力 新光源の開発〜
 
                      【CCFL導入】
14:00-15:00
 植物工場コスト削減のための蛍光灯システムの導入事例 
                      【蛍光灯導入】
15:00-16:00
 植物工場コスト削減ためのHEFL照明システムの導入事例
   〜植物工場 事業からみたLED蛍光等HEFLの比較〜
 
                      【HEFL導入】
3.植物工場における高付加価値 農産物(高品質品種改良)の栽培生産の実際
    〜特定波長の照明を用いた高ビタミン・高ポリフェノール野菜作出 事例〜
16:00-17:00
 植物工場における高付加価値 農産物(高品質品種改良)
 の栽培生産の実際
   〜特定波長照明を用いた高ビタミン・高ポリフェノール野菜
    作出 事例〜
 【HEFL導入】【品種改良】

V.植物工場のLED照明における最新栽培技術

〜LED照明導入、波長と光量子の関係、
コスト削減設計、遠赤色光LED〜


4月 22日(木)
1.植物工場コスト削減のためのLED照明システムの活用
10:00-11:00
 植物工場における人工光源LED照明 導入のポイント 【品種改良】
11:00-12:00
 植物工場におけるLED照明システムの活用の実際
2.植物工場コスト削減のためのLED照明システムの導入事例
13:00-14:15
 スタンレー電気における植物工場LED照明システムの導入事例
   〜コスト削減のための計画設計 法〜
 【導入計画】
14:15-15:30
 セネコムにおける植物工場LED照明システムの導入事例
 (波長光量子のコントロールによる品種改良)
    〜コスト削減に向けたシステム開発〜
 【品種改良】
15:30-16:45
 遠赤色光 LED照明システムの開発と展望
    〜遠赤色光による品種改良
 【新技術】
※講義内容毎に、詳細プログラムをご郵送しておりますが、お手元にない場合にはこちらからお取り寄せ頂けます。
 
 
個人情報保護方針について お問い合わせ メガセミナー社について