排水処理|セミナー,排水処理装置,排水処理装置,曝気装置,沈殿分離,省エネ,再利用,産業排水,余剰汚泥,市場動向

メガセミナー・サービス 技術・研究・設計・開発・メンテナンス・企画・調査等の担当者|市場動向・技術動向とビジネスチャンス
HOME よくある質問 受付ダイヤル:06-6363-3359
 
環境・新エネルギー セミナー>メガトレンドセミナー2010年3月 “膜(UF、MF、RO)を利用した水ビジネスセミナー
 

  +画像をクリックすると拡大+

詳しい資料は、こちらからお取り寄せ頂けます。



主催: (株)メガセミナー・サービス
共催: (株)エヌ・ティー・エス
(株)サイエンス&テクノロジー
水処理ビジネス、技術セミナー
世界では未だ安全な飲料水にアクセスできない人が9億人、衛生設備・農業・工業等の用水が不足している人が25億人以上存在する中、様々な水処理技術(装置・機器・材料等)のバリエーションを持つ日本企業にとって大きなビジネスチャンスが到来しています。本セミナーでは、1日目に膜を利用した水ビジネスの市場規模と海外水メジャーの最新動向、2日目は海水淡水化ブラントの設計・稼動事例を、そして3日目には膜を利用した浄水処理、排水再利用(MBR-RO)の稼動事例を、全3日間約17時間に渡り、水ビジネスで新規参入する経営者様、日本版水メジャーとしての新しいビジネスモデルの突破口を模索している経営企画者様、海水淡水化から浄水処理・MBRまで市場構造を理解したいと考える担当者様へ、その全貌と戦略を詳しく解説致します。※名刺交換も可能。


 ※単独の講座お申込みも受け付けておりますので、ぜひお問い合わせ下さい。
 ※先着順にての締め切りとなりますので、ご予約はお早めにお願い申し上げます。



講義内容に関する疑問、質問等がありましたら、お電話にてご連絡頂きますと、詳細内容の説明を致しますので、どうぞ遠慮なく、お問い合わせ下さい。
直通ダイヤル:06−6363−3359(代表:橋本)

 
プログラムの日程と、特徴について
世界では未だ安全な飲料水にアクセスできない人が9億人、衛生設備・農業・工業等の用水が不足している人が25億人以上存在する中、様々な水処理技術(装置・機器・材料等)のバリエーションを持つ日本企業にとって大きなビジネスチャンスが到来しています。

第一日目では、どこの国・地域にどんな市場があり、どんなビジネスチャンスがあるのか?又、どのように情報を入手し、いかに売り込めば良いのか?海外市場で、最も需要の多い“膜濾過:飲料水・用水製造”に焦点を当て、その市場動向・技術動向・ビジネスチャンスと具体的戦略について、各地域のビジネスチャンスの技術動向など、検討すべきポイントに沿ってファクトを集めていける構成です。
第二日目、海水淡水化プラントの設計・稼働事例とビジネスチャンスでは、どの国、どの地域で、どのような“海水淡水化”のプラント、機械・装置等要素技術、材料等のニーズがあるのか? 又、どうやって売り込めばよいのか?“海水淡水化ビジネス”参入のための押さえておきたい海外での需要・ビジネス戦略を始め、具体的な計画・設計法とトップランナーを走る東洋紡・東レ・日東電工における実プラントの稼働事例について、詳説頂きます。
第三日目、 浄水処理・排水再利用システムの設計・稼働事例とビジネスチャンスでは、水道用原水(河川水、地下水)、排水から、いかに目的に合った飲料水・用水を製造すればよいのか?膜(UF、MF、RO)を利用した飲料水・用水製造システムの計画・設計法を始め、浄水処理プラントの実際例、又、注目されるMBR(膜分離活性汚泥法)による排水からの用水・飲料水製造技術について、個別の技術課題と全体像の関係性がわかりやすく理解できる構成で、斯界の第一線でご活躍中の講師陣に詳しく説明頂きます。有望な技術導入のために判断基準を理解したいと考える担当者の方、今後の検討すべき技術課題の抽出を行いたい方には、欠かせない内容として全3日間,約17時間(参加講師11名)に渡り集中講義します。

 
3月:プログラムの開催日程
10
11
12
13
14
15
16
20
21
22
23
24
25
26

T.海外“膜を利用した
水ビジネス”の市場・技術動向と
ビジネスチャンス

〜UF(限外濾過)膜、MF(精密濾過)膜、
RO(逆浸透)膜、他〜


3月 17日(水)
1.世界 水ビジネスの現状と課題
13:15-14:15
 世界 水ビジネスの現状と課題
2.海外水(膜濾過:飲料水・用水)の市場動向と今後の見通し
    〜各国、各地域における市場規模について〜
14:15-15:45
 海外 水ビジネス(膜濾過:飲料水・用水)の市場動向と今後の見通し
    〜各国、各地域における市場規模について〜
 【市場・技術動向】
3.“膜濾過”技術の動向と今後の見通し
14:15-15:45
 膜濾過 技術の動向と今後の見通し 【市場・技術動向】
4.これからの海外 水ビジネス(飲料水・用水)の戦略
15:45-16:45
 これからの海外 水ビジネス(飲料水・用水)の戦略 【ビジネス戦略】
1.を利用した海水淡水化技術の市場動向技術動向とビジネス戦略
9:30-11:00
 を利用した海水淡水化技術市場動向技術動向とビジネス戦略 
2.を利用した海水淡水化システムの計画・設計法
11:00-12:15
 を利用した海水淡水化システムの計画・設計法 【計画・設計法】
3.先行メーカー東洋紡東レ日東電工による海水淡水化プラントの稼働事例
13:15-14:30
 東洋紡における海水淡水化プラントの稼働 事例 【東洋紡】
14:30-15:45
 東レにおける海水淡水化プラントの稼働 事例  【東レ】
15:45-17:00
 日東電工における海水淡水化プラントの稼働 事例 【日東電工】

V.膜(UF、MF、RO)を利用した浄水処理・排水再利用システムの設計・稼働事例とビジネスチャンス

〜日本ノリット、メタウォーター、
ウェルシィ、三菱レイヨン、
日立プラントの稼動事例〜


3月 19日(金)
1.膜を利用した飲料水・用水製造システムの計画・設計法
9:30-11:00
 を利用した飲料水用水 製造システムの計画・設計法
2.膜を利用した浄水処理の実際
11:00-12:15
 UF膜による浄水処理の事例
   〜海外UF膜 浄水処理プラントの設計・稼働 事例
13:15-14:30
 セラミックス膜による浄水処理事例
3.MBR-ROシステムによる排水からの用水・飲料水製造の実際
14:30-15:45
 浸漬型平膜によるMBR、MBR-ROシステムの
        開発と用水・飲料水製造事例
 【浸漬型平膜】【MBR-RO】
15:45-17:00
 中空糸膜によるMBR、MBR-ROシステムの
        開発と用水・飲料水製造事例
 【中空糸膜】【MBR-RO】
※講義内容毎に、詳細プログラムをご郵送しておりますが、お手元にない場合にはこちらからお取り寄せ頂けます。
 
 
個人情報保護方針について お問い合わせ メガセミナー社について